Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「少年、機関車に乗る」  タジキスタン映画  監督:バフティヤル・フドイナザーロフ

映画 「少年、機関車に乗る」  タジキスタン映画  監督:バフティヤル・フドイナザーロフ

上
高原を走る機関車


 カタコト走る列車に乗ってる心地よさ。車窓からの風に吹かれる気持ち良さ。
 何とも言えぬこの楽しい開放感は、何か根源的なものかもしれない。この映画の根っこもここにあるように思う。

1-0_201602091421167e6.jpg 国土のほとんどがパミール高原という国、タジキスタンのホンワカしたお話。レイル・ロード・ムービーだ。時間はゆったり流れます。
 ファルー17歳、弟のアザマット7歳は、ばあちゃんと三人暮らし。
 ファルーもばあちゃんも、まだ子どものアザマットの面倒をよくみている。母はいない。別居の父は街にいる。

 ファルーはそろそろ大人の仲間入りがしたい年頃。弟は可愛いが、この先いつまでも一緒に遊んでやるのが、ちょっと面倒になってきた。そうだ、父親にアザマットを託そう。そんなことで、ファルーはアザマットを連れて、とにかく父に会いに行くことにした。そして、ファルーは母の遺品のイヤリングを探した。着ていくYシャツに付けていくのだ。

3‐0 街へ行くには、近くを走る軽便鉄道を使う。貨物専用鉄道なので客車はないが、ディーゼル機関車の運転台に乗せてくれる。ファルーは機関士のナビと顔見知りだ。頼んで乗せてもらうことにした。夜には街に着くだろう。
 3両の貨車を牽引する機関車は、石ころだらけの荒涼とした大地を、ゆるやかな丘に沿って、コトコトと走る。開け放った機関車のドアや窓。風が気持ちいい。
 列車は途中、1人の行商人と若い女性2人を相次いで乗せ、線路脇の自宅でナビは弁当を受け取り、そして旅を喜ぶアザマットとファルーの期待を乗せて、貨物列車は街へと走った。

 やっと街に着き、父の家まで来ると、窓越しに見知らぬ女の姿が見えた。ああ、あの人は父の愛人だと、すぐに分かるファルー17歳。
 子たちを見て一瞬、父はたじろいだが、あたたかく迎え入れてくれた。久々の再会である。
 翌朝は、4人で近くの池でボートに乗ったり水浴もした。そして、 父と2人きりになる頃合いを見計らっていたファルーは、ついに父に言った。「アザマットの面倒をみてくれないか」と。これを聞いた父はしばらく押し黙ったが、突然怒って拒否した。

 翌日ファルーは、アザマットを父親の元に置いて、ひとり、ナビが運転する列車を待っていた。
 列車が着いて、ナビが貨車や積み荷の点検をしていると、荷物にかけた防水シートの下からアザマットが現れた。複雑な表情を浮かべたのち、ファルーは弟に微笑んだ。
 そして、兄弟は列車に乗って家へと向かった。

オリジナル・タイトル:Bratan
監督:バフティヤル・フドイナザーロフ|タジキスタン ソ連|1991年|100分|
脚本:バフティヤル・フドイナザーロフ 、 レオニード・マフカーモフ|
撮影:ゲオルギー・ザラーエフ|音楽:アフマド・バカエフ|
出演:アザマット(チムール・トゥルスーノフ)|ファルー(フィルズ・サブザリエフ)|祖母(N・タバロワ)|父親の愛人ネリー(N・アリフォワ)|父親(R・クルバノフ)|ナビ(N・ベガムロドフ)|

下【バフティヤル・フドイナザーロフ監督の映画】  ~これまでに記事にした作品です。
 題名をクリックしてご覧ください。

ルナ・パパ」 (2000年)
コシュ・バ・コシュ 恋はロープウェイに乗って」 (1993年)

一夜一話の歩き方   直近の記事100 リスト (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1361-f924edc7
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「少年、機関車に乗る」  タジキスタン映画  監督:バフティヤル・フドイナザーロフ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「少年、機関車に乗る」  タジキスタン映画  監督:バフティヤル・フドイナザーロフ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top