Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 「ちょっと変な映画」 特集  でも、どれも可笑しい話です。(邦画編)

「ちょっと変な映画」 特集  でも、どれも可笑しい話です。(邦画編)

 ストレートな喜劇映画を笑うのもいいですが、もう一ひねり、
 いや、二ひねり三ひねりさせた、私の大好きな、ちょっと変な映画特集です。

 特集で集めた映画36本の全文はこちらからどうぞ。

 (50音順)
1アドレナリンドライブ◆「アドレナリンドライブ」  監督:矢口史靖  主演:石田ひかり、安藤政信
 楽しいじゃないですか、ね、この映画。監督お得意のB級コメディ&アクション。全開してます。こういう「いいB級」って、作る方はもちろん、観る方も何気に持てる力量を試されてしまう。でも力まなくていいんです。気楽に楽しめてこそ、ですから。主人公は、看護師の静子(石田ひかり)と、レンタカー営業マンの悟(安藤政信)。ともに内にこもった毎日をそれなりに、・・・(続きはこちらから

2居酒屋ゆうれい◆「居酒屋ゆうれい」  監督:渡邊孝好  主演:室井滋、萩原健一、山口智子
 随所で吹き出す、いい喜劇。この世の再婚夫婦と、あの世の先妻との「不等辺」三角関係を軸に話は進む。室井滋と萩原健一そして山口智子が絶妙の演出のもと、味のぐっとある演技を見せてくれる。お楽しみに。壮太郎40歳(萩原健一)は「かづさ屋」という居酒屋の主、妻のしず子(室井滋)と二人三脚、店を盛り上げてきた。店は・・・(続きはこちらから

3ウルトラ ミラクル ラブストーリー◆「ウルトラ ミラクル ラブストーリー」  監督:横浜聡子  主演:松山ケンイチ、麻生久美子
 この映画は、コメディ映画です。かつ、ラブストーリーです。そして超・奇蹟的なラブストーリー。ただし、この映画、結構、荒唐無稽ですので、ご注意を。主人公の陽人(松山ケンイチ)は、生まれつき精神障がいを持つ青年。青森県の海辺に広がる農村地帯にひとりで住んでいる。親兄弟はいない。身寄りは、近くに住む祖母ひとり。陽人と祖母(渡辺美佐子)のふたりは、小さな畑で・・・(続きはこちらから

4運命じゃない人◆「運命じゃない人」  監督:内田けんじ  主演:中村靖日、霧島れいか
 なかなかの映画。練りに練ったストーリー。喜劇仕立てのサスペンス。監督自らの脚本に脱帽! 夜、ある男が帰宅した後の、数時間の間に起きた出来事です。話の冒頭は、ユル~イ恋愛話で始まりますが、ここで侮ってはいけません。ストーリーは次々に思わぬ展開をし始めます。そして、登場人物5人の真実が暴かれていきます。・・・(続きはこちらから

5江戸川乱歩猟奇館◆「江戸川乱歩猟奇館  屋根裏の散歩者」  監督:田中登  主演:宮下順子、石橋蓮司
 宮下順子主演の映画だが、石橋蓮司の映画だと言っていい。かつ、安っぽいB級映画の楽しみを味わいたい。この木造アパートの住人は、みなひと癖ある輩ばかり。そのひとり、日常に飽きた郷田(石橋蓮司)の猟奇的行動を映画は追う。彼は、その日、自身の部屋の天井板を開けて屋根裏に上がった。そこで見たものは暗闇に、もれる・・・(続きはこちらから

6億万長者◆「億万長者」   監督:市川崑  出演:久我美子、山田五十鈴、木村功
 極上の喜劇映画です。アナーキーでトンガってますが、しっかり娯楽映画です。じっくり観てください。映画の舞台の二階建てのこの家は、明らかに傾いていて今にも崩れそうである。事もあろうに、この家に税務署がやって来た。税金を滞納している。徴税係の館香六(木村功)も、そりゃそうだろう・・・と思うが職務だ。言いたくない事を言わざるをえない。・・・(続きはこちらから


 もちろん、これだけじゃありません!
 このほかに、30本ほど集めました。 こちらから、特集の全部が見れます。どうぞ。



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1369-974968fb
Listed below are links to weblogs that reference
「ちょっと変な映画」 特集  でも、どれも可笑しい話です。(邦画編) from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 「ちょっと変な映画」 特集  でも、どれも可笑しい話です。(邦画編)

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top