Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「情事」(1960年) イタリア映画  監督:ミケランジェロ・アントニオーニ

映画 「情事」(1960年) イタリア映画  監督:ミケランジェロ・アントニオーニ

上2





1‐0






 危ない恋がしてみたい。それはサスペンス。

 クラウディア(モニカ・ヴィッティ)は、親友のアンナからクルージングに誘われた。
 シチリア島近くに連なる島影へ向かうクルーザーには、二組の夫婦とアンナの彼氏含め7人と船長が乗り込んでいた。
 そして、ちょっとしたピクニック気分で小さな無人島に上陸した。
 それぞれ思い思いにごつごつした岩の島を散策し、絶海の孤島を味わって、すぐに帰る予定だった。
 さあ帰る段になって、アンナがいないことに皆が気付いた。近くにいるんだろうということで、皆で手分けして彼女の名を呼び探した。だがいない。海に突き出た波しぶきがかかる岩かげか、島の頂上かと、皆が歩き回ったが見つからない。断崖から落ちたのだろうかと、崖っぷちからうねる波間を見下ろすが、そんな様子はない。そのうち、風が出て来て波が荒れて来た。
 シチリアまで行き警察に応援を頼むべく、船は出た。一方、アンナの彼氏サンドロとクラウディアら三人は島に残って、もう一度島をめぐり、そして島の頂上にあった小屋で夜を明かした。
 翌朝、警察官らが到着し捜索を開始した。ダイバーも海を捜索したがアンナは見つからない。元外交官のアンナの父親は、水中翼船をチャーターして駆けつけて来た。結局、アンナの消息は途絶える。

アンナとサンドロは言い争った。
2-0_20160303174848b0f.png さて、アンナと彼氏のサンドロのこと。
 アンナはサンドロが好き、サンドロは結婚しようと言うが、ふたりの関係は続かないとアンナは思い始めていた。サンドロは、アンナが思う愛の領域に、入って来ようとしない男だと分かったのだ。島に上陸してふたりは、また言い合った。そののち、彼女はふっと姿を消したのだった。

 島にアンナはいないとなると、別の船が島に立ち寄り、彼女はそれに乗って島を離れた。そう考えが至る。
 クラウディアは親友の失踪に居ても立ってもいられない。サンドロは、何かしらの情報を得るためシチリアの警察署に立ち寄り、また新聞記者を訪ねた。そして、わずかな情報を頼りに、サンドロとクラウディアは、ある小さな村を目指してアンナ捜しの旅が始まった。ここから危ない恋が始まる。 L' Avventura

 色男サンドロが積極的なのだ。親友を失って悲しみに沈むクラウディアの胸に、こともあろうにこのサンドロとの恋が芽生え始める。
 同時に彼女の心から、アンナを失った悲しみが少しずつ消えていく。そして消えていく一方で、クラウディアは恐れを抱き始める。アンナがふと帰って来るのでは・・・という怖さ。
 さて、アンナの消息を追うこのふたりの旅は、この先いつまで続くのだろうか。

 ああ、あの、取って付けたようなラストシーンを何とかしてちょうだい、監督!

 
オリジナル・タイトル:L' Avventura
監督:ミケランジェロ・アントニオーニ|イタリア|1960年|139分|
原案: ミケランジェロ・アントニオーニ
脚本:ミケランジェロ・アントニオーニ、トニーノ・グエッラ、エリオ・バルトリーニ|
撮影:アルド・スカヴァルダ
出演:クラウディア(モニカ・ヴィッティ)|サンドロ( ガブリエル・フェルゼッティ)|アンナ( レア・マッセリ)|ほか

上



【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1376-5c0532ba
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「情事」(1960年) イタリア映画  監督:ミケランジェロ・アントニオーニ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「情事」(1960年) イタリア映画  監督:ミケランジェロ・アントニオーニ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top