Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「アイ ウォント ユー」  監督:マイケル・ウィンターボトム

映画 「アイ ウォント ユー」  監督:マイケル・ウィンターボトム

上
スモーキーの弟、ホンダ少年


1-0_201603182036063c3.png 舞台はイギリス、海べりの地方都市。サスペンスなお話。
 殺風景な風景が広がる荒涼とした浜に抱かれて、その街はある。
 それでも街に地元FM局があって、夜には若いのが集まってくるライブハウスもある。

 そのライブハウスの看板歌手スモーキー、そしてその弟14歳のホンダ。この姉弟は砂浜沿いにある粗末な家に住んでいる。イギリス人じゃなさそうで、東欧のどこかから来てこの町に住みついたよそ者だ。
2-0_20160318214119c7d.jpg 一方、街の美容院で美容師をしている地元の女ヘレン(レイチェル・ワイズ)は一人住まい。ヘレンの家も海際に建っている。大きな家だ。元は別荘なのだろうか、室内プールまである。そこで、ひとり静かに泳ぐのがヘレンの日課。

 スモーキーは男好き。彼女の部屋には、毎夜、取っ替え引っ替え、男がいる。弟のホンダの部屋には、テープレコーダーやらの録音機材がある。彼はヘッドホンをして今夜も、ベッドの姉と男の声を盗聴録音している。
 でも、姉弟は仲がいい。男が帰ると、スモーキーはホンダの部屋に来て、弟を抱きしめる。そして、弟が街のあちこちで収録した盗聴テープをふたりして聴いている。ホンダは学校なんか行ってない。アウトローな姉弟。

 二つの出来事を発端に、話は深まって行く。
 ある日、走っていたホンダと自転車に乗ったヘレンが接触し互いに転倒した。この時、ホンダに幼い淡い恋心が生まれる。
 そして、ある日、ひとりの男が9年ぶりに街に帰って来た。マーティンというこの男、8年ほど服役したのち刑務所を出て1年経つ。仮釈放中の身。マーティンは、まず、この街の保護監察官の事務所に顔を出した。そして監察官から言われる。「ヘレンに会うな」と。

 母親の自殺現場を目撃してそれ以来、ホンダは言葉を失っている。片や、「9年前」に父親を亡くしたヘレンは過去を語らない。
 ホンダ14歳は小さな花束をヘレン23歳に捧げる。ヘレンは周りの人に、ホンダは私のファンよと言う。ふたりは男女の関係というより母子のような親しい関係になっていく。ホンダは秘密の隠れ家にヘレンを招待する、ヘレンはホンダを自宅に呼んで風呂に入れてやったり。

 さて、保護監察官の注意にもかかわらず、マーティンは美容院に来てヘレンに会う。動揺するヘレン。
 実は9年前、ヘレンは14歳、マーティン23歳、恋人同士だった。そしてある日、二人の様子を目撃したヘレンの父は殺され、死体は海に投げ込まれた。マーティンは殺人罪、13年の刑で刑務所行。
 しかし今夜ついにマーティンは、2人だけの秘密を抱えてヘレンの家に来た。ヘレンはマーティンを受け入れる。だが、乱暴に迫るマーティン。家に居合わせたホンダは堪らず、マーティンの背後から一撃。倒れ込んだマーティンに、今度はヘレンが・・・。そしてラスト近くで映画は、どんでん返しを示唆して話は幕を閉じる。

 絵はいいが、脚本が良くない。よって登場人物が描き切れていない。また彼らの関係性がぎこちなく、どうにも腑に落ちない。それはたぶん、例えば「I Want You」という曲、東欧移民の疎外感、早くに親を亡くした子、14歳と23歳の恋、親殺し・親の自殺、海などといったアイデアの断片、これらを融合反応させひとつのストーリーに昇華させるハズが・・・、これに失敗しているのだ。
 でも、マイケル・ウィンターボトム監督びいきなので、取り上げちまった。
 
 【マイケル・ウィンターボトム監督の映画】  ~ これまでに記事にした作品から
 
 「バタフライ・キス」、「ひかりのまち」 どちらも、お薦め、イチオシ映画です。

9年ぶりに、ヘレンに会いに来たマーティン。美容院の店先で。
下オリジナル・タイトル:I Want You
監督:マイケル・ウィンターボトム|イギリス|1998年|87分|
脚本:ユアン・マクナミー|撮影:スワヴォミール・イジャック|
出演:ヘレン(レイチェル・ワイズ)|マーティン(アレッサンドロ・ニヴォラ)|スモーキー(ラビナ・ミテフスカ)|ホンダ(ルカ・ペトルシック)|アンバー(カルメン・イジョゴ )|ボブ(ベン・ダニエルズ)|ソーニャ(ジェラルディン・オロウ)|

一夜一話の歩き方   直近の記事100 リスト (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1384-e68a4c18
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「アイ ウォント ユー」  監督:マイケル・ウィンターボトム from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「アイ ウォント ユー」  監督:マイケル・ウィンターボトム

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top