Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「あの娘と自転車に乗って」  キルギス共和国の映画 監督:アクタン・アリム・クバト

映画 「あの娘と自転車に乗って」  キルギス共和国の映画 監督:アクタン・アリム・クバト

上

1-0_201604191516256f4.jpg 北の隣国カザフスタン、南東は天山山脈を挟んで中国を隣国とする国、キルギス共和国。
 映画は1970年ごろのこの国でのお話。ただしそのころ、この国の名はキルギス・ソビエト社会主義共和国だった。

 幼年期を終え、思春期に入った多感な時期の男の子がこの映画の主人公です。名は・ベシュケンピール。
 でも、まだまだ子供。毎日、他の子たちと村のあちこちで、あるいは村はずれの小川で腕白な日々を楽しんでいます。
 ベシュケンピールと、同い年のもうひとりの男の子、この2人は、そろそろ異性に目覚める頃。
 村のおばさんのおっぱいをのぞき見したり、女性の裸体を地面に作ってセックスの真似をしたりと、腕白な遊びに新たなバリエーションが加わります。年下の子たちもベシュケンピールらに加わってワイワイやっています。

 この村に、移動映画館を営む男が住んでいます。野外上映です。この映画館の男が、村の女の子・アイヌーラをデートに誘います。アイヌーラは、ベシュケンピールよりも少し年上。ベシュケンピールはこの男に頼まれて、アイヌーラの家から彼女をそっと呼び出す役目を受けます。呼び出された彼女はおしゃれしていて、男は自転車に彼女を乗せて、どこかへ出かけて行きます。ベシュケンピールはというと、このふたりの様子をいつもじっと見つめ見送ります。実はベシュケンピールはアイヌーラに淡い恋を抱いているのかもしれません。

 そんなある日、ベシュケンピールらが村でたむろしていました。アイヌーラもその中にいます。ベシュケンピールが彼女に何やらひそひそ話をしていました。これを見た仲間の男の子が嫉妬心を抱いて、ベシュケンピールと喧嘩になります。彼に打ち負かされたその男の子は、お前はもらい子だと罵りました。ベシュケンピールは、こののち、このことで悩みます。家族は何も答えてくれませんでした。
 そんな中、ベシュケンピールが大好きなばあちゃんが亡くなります。葬儀の日、彼の父は、もらい子の事実を息子にていねいに伝えました。そして、息子に葬儀のスピーチを託しました。この日、ベシュケンピールは大人への階段を一段、上がったのかもしれません。

 ある晴れた日、ベシュケンピールは映画館の男に自転車を貸してくれと頼みました。ベシュケンピールは男に、自転車の荷台を取り外して良いかと聞き、了解を得ます。そして、ベシュケンピールは年下の子を使って、アイヌーラを呼びにやりました。彼女は穏やかな表情でやって来て、ベシュケンピールの自転車に乗って出かけて行きました。ただし、彼女は普段着のままでした。
 ベシュケンピールがなぜ荷台を外したかと言いますと、映画館の男がデートの時にいつもそうしていたからです。アイヌーラを自転車の前に座らせるためでした。

 牧歌的な静かなお話です。キルギスの地方の様子をていねいに描いています。心穏やかな日に観てください。

下 【アクタン・アリム・クバト監督の映画】 ・・・これまでに記事にした作品です、題名をクリックしてお読みください。

 「ブランコ」(1993)未見、「あの娘と自転車に乗って」 (1998)
 「旅立ちの汽笛」 (2001)、 「明りを灯す人」 (2010)

オリジナル・タイトル:Beshkempir
英語タイトル:The Adopted Son
監督:アクタン・アリム・クバト|キルギス・フランス|1998年|81分|
脚本:アクタン・アリム・クバト、アブタンディル・アディクロフ、マラット・サルール|
撮影:ハッサン・キディライエフ|(パートカラー)
出演:ベシュケンピール(ミルラン・アブディリカコフ)ほか

一夜一話の歩き方

3-0_20160419153139389.png直近の記事100 リスト (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)

洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す

洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽   


           
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1397-394da283
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「あの娘と自転車に乗って」  キルギス共和国の映画 監督:アクタン・アリム・クバト from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「あの娘と自転車に乗って」  キルギス共和国の映画 監督:アクタン・アリム・クバト

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top