Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「熱海ブルース」  監督:ドナルド・リチー

映画 「熱海ブルース」  監督:ドナルド・リチー

上

 出演俳優の素の良さと熱海の温泉街を素材に、16ミリモノクロフィルム、セリフなし、アンニュイなジャズサウンドの三つで味付けし、それにコミカル味を少々加えた短編ラブストーリー。

1-0_20160423123531226.png 話は簡単明瞭、行きずりの恋。若い女がひとり、熱海に行く。海を望む旅館で男に出会う。互いに少ずつ魅かれ合い、ついに愛を交わし、だが男はすぐにその場を去る。それを知らずに女は幸せに浸っている・・・。

 ストーリーを追う娯楽作品ではない。50年以上前の公開当時は、とても斬新な印象を与えたのだろう。
 いま観ても新鮮で古さを感じない。かつ観終えたあとに清涼感が残る。またこれは作り手の想定外だが、かつての熱海の風景が、爽やかなノスタルジーを感じさせてくれる。
 ちなみに、本作を観たあとに、続けて何かほかの邦画を観ると、きっとその映画が厚化粧に感じるだろう。

 ドナルド・リチーの作品群の中では、実験映画の色合いがいちばん薄い映画だと思う。
 ドナルド・リチーとは、どういう人?  wikipediaへのリンク https://ja.wikipedia.org/wiki/ドナルド・リチー

 「熱海ブルース」では、温泉街でのロケ風景が作品に生き生きした息吹きを与えている。
 こうした意図で、主人公を街の雑踏に置いて撮るシーンは、当時ほかにもあった。
 例えば、羽仁進の「不良少年」(1961年)、今井正の「喜劇 にっぽんのお婆あちゃん」(1962年)これらはともに浅草だ。石井輝男の「セクシー地帯」(1961年)は銀座だった。(題名のリンクは当ブログ記事にリンクしています)
 加えて言えば、こういう意図はモノクロだからこそいきる手法。モノクロは不要な雑多なものを削ぎ取って、ライブ感ある息吹きだけを抽出する。モノクロはいい。
 「熱海ブルース」、私は好きですね。そして、ドナルド・リチーが版画が好きなのが分かる。

英語タイトル:Atami Blues
監督:ドナルド・リチー|1962年|20分|
脚本:マリー・エヴァンス|撮影:ヒラノヒデトシ|音楽:武満徹|
出演:ワダチエコ|スズキトモスケ|

一夜一話の歩き方   直近の記事100 リスト (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1398-8c1c37ab
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「熱海ブルース」  監督:ドナルド・リチー from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「熱海ブルース」  監督:ドナルド・リチー

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top