Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「女はみんな生きている」  監督:コリーヌ・セロー

映画 「女はみんな生きている」  監督:コリーヌ・セロー

上
物陰に身を隠すノエミとエレーヌ

1-0_20160510122209440.png エレーヌは、なぜその女性にここまで心ひかれたのでしょう。
 この物語は、コミカルな サスペンス・ドラマです。
 話の展開がてきぱきしていて、そのスピード感は小気味よい。
 コミカルとシリアスの取り合わせ、「甘辛」の妙味を楽しみましょう。

 エレーヌ(カトリーヌ・フロ)は、仕事を持つキャリアある40代で、家事もきっちり切り回している。夫のポールは中小企業の社長で会社を経営している。息子のファブリスは大学生で惚れっぽい子、2人の女の子といい関係。つまり、この一家は何不自由ない一家だ。

 エレーヌが心ひかれたのは、ノエミという若い女だった。
 のちにわかることだが、この女は街外れの道端に立っている街娼だ。アルジェリア生まれの23歳。ノエミが幼いころ、父親はアルジェリアからパリに出稼ぎに出て別の女と家庭を持ち、母親は母親で地元の近所の男とくっついた挙句に首を吊った。
2-0_20160510122750244.png そんな中、ノエミは実の妹と一緒に父親のパリの家庭に引き取られた。この家には義母とその兄弟もいた。ノエミは頭が良く成績優秀であったが、父親はノエミに進学ではなく、10代の彼女に一方的に結婚を取り決めた。結婚で父親の懐にまとまった金が入るのである。
 しかし、直前にノエミは逃げた。逃げてパリの街を飢えてうろついた末に、麻薬ギャング一味に拉致され、ヤク漬けにされ街娼にされ、そして時が経っていた。

 そんなノエミが一味から逃げ走っているまさにその時、エレーヌは彼女に出会った。夫ポールが運転する車に向かって走って来たノエミが、フロントガラスに激突したのだ。これを見て一味はその場から逃げた。エレーヌは救急車を呼ぼうとしたが、夫はこれを制して夫婦もその場を去った。誰が見てもノエミは街娼の格好で、一味の男たちはギャングの風体だった。

 ノエミの容体が頭から離れないエレーヌは翌日、救急入院し集中治療室にいる彼女の所在を突き止めた。生死をさ迷う重体だった。その日からエレーヌは仕事と家事を棚上げにして集中治療室に通った。この間、ギャング一味が病院に現れノエミを拉致しようとしたが、果敢にもエレーヌは男たちを追い払った。(ここはコミカルなシーンのひとつ)
 
 さて、ノエミはなぜ逃げたのか、一味はなぜ街娼1人に固執するのか。それは彼女が手にした大金であった。
 仕事柄とはいえ、男を虜にするノエミの才能は抜群であった。とある富豪老人がノエミの罠にかかり、「その全財産を彼女に」生前贈与したのだ。ノエミはすかさず、ルクセンブルクからパナマへ、そして香港やケイマン経由で、すべての金を入院前にスイスのある銀行に移していた。彼女の頭の良さはギャングボスも認めていて、一味の資金洗浄を任されていた、このキャリアがここで活きたわけだ。大金隠しとタックスヘイブン。

3-0_20160510123452745.jpg 話を戻すと、エレーヌは退院したノエミを、夫ポールの母親の家にかくまった。海のそばの田舎の一軒家であった。みるみる元気になったノエミは、ポールの母親と親しくなる。母親は一人住まいで、長年にわたりポールから邪険な扱いを受けていて優しさに飢えていた。ノエミはエレーヌに対してと同様に、ポールの母親にも、母のような存在を求めていたのかもしれない。

4-1_20160510124002e9d.jpg さてさて、話の展開はまだ2つある。
 ノエミの妹が、ノエミの時と同じように結婚が決まったという話を聞きつけノエミがとった行動とは。そして、ギャング一味への仕返しとして、エレーヌとノエミが警察を巻き込んでとった行動とは。

 この映画、総じて喜劇仕立てではあるが、フランスの社会が抱える問題を列挙してみせている。
 中年に達した夫婦の癒やせぬ距離と世間体、妻の家庭内役割と夫の幼さ、夫の仕事と男社会、年老いた親と息子の疎遠、加えて男の性欲に対する皮肉といったことから、アルジェリア移民、イスラムの男尊女卑、売春と麻薬犯罪組織など多岐に渡るが、これらをうまく映画に取り込んでいる。またコリーヌ・セロー監督の女性ならではの視点が効いている。
 ところで、エレーヌはどうしてノエミという存在にここまで心ひかれたのでしょうか。


5-0_201605101301238d4.jpg原題:Chaos
監督・脚本:コリーヌ・セロー|フランス|2001年|112分|
撮影:ジャン=フランソワ・ロバン
出演:カトリーヌ・フロ(エレーヌ)|ヴァンサン・ランドン(その夫・ポール)|ラシダ・ブラクニ(ノエミ)|リーヌ・ルノー(ポールの母親・マミー)|オレリアン・ウィイク(エレーヌの子・ファブリス)|ヴォイチェフ・プショニャック(パリ)|イバン・フラネク(トゥキ)|ほか

一夜一話の歩き方   直近の記事100 リスト (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1408-8f9e9cd6
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「女はみんな生きている」  監督:コリーヌ・セロー from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「女はみんな生きている」  監督:コリーヌ・セロー

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top