Home > クラシック音楽 > 都響・定期演奏会  アルヴォ・ペルトとスティーヴ・ライヒ  指揮/クリスチャン・ヤルヴィ

都響・定期演奏会  アルヴォ・ペルトとスティーヴ・ライヒ  指揮/クリスチャン・ヤルヴィ

上

 クリスチャン・ヤルヴィ指揮の東京都交響楽団が、ペルトとライヒを演奏するというので行ってきた。
 (第807回 定期演奏会Bシリーズ  サントリーホール 2016年5月18日)

 曲目は次の通り。
 ・アルヴォ・ペルト:フラトレス~弦楽オーケストラとパーカッションのための(1977/91)
 アルヴォ・ペルト:交響曲第3番(1971)
 スティーヴ・ライヒ:デュエット~2つの独奏ヴァイオリンと弦楽オーケストラのための(1993)
 スティーヴ・ライヒ:フォー・セクションズ(1987)(日本初演)

 最初の曲・「フラトレス」は、いわゆるペルトらしい静謐な曲。演奏時間は10分程度の短い曲。
 次は同じくペルトの「交響曲第3番」。いろんな曲想が入り乱れる感じ。大きな絵を様々な手法で描きあげたような習作の印象。

 ライヒの「デュエット~2つの独奏ヴァイオリンと弦楽オーケストラのための」は、ステージの右半分で演奏される。つまり、ヴィオラ、チェロ、コントラバス。そして第1、第2ヴァイオリンの首席奏者による独奏のデュエット。ライヒらしい軽快なミニマル・ミュージックの疾走感。いいですね。
 次は、「フォー・セクションズ」、日本初演とのこと。各パートが競い合うようにしてミニマル・ミュージックが爆走していきます。
 そのうち突然、いや、満を持して2台のヴィブラフォンの独奏。待ってました!という感じ。続いて2台のマリンバが、そしてその他のパートも追いかけクライマックスへ。気がついたら身体が自然に動いている。ライヒの曲の躍動感は、生演奏でないと良さが分からない、と思う。

 総じていいコンサートでした。
 ただし、もう一歩の、キレというかツヤというかノリというか、欲しかったな。
 2008年、「コンポージア2008」でスティーヴ・ライヒが来日した時の演奏会を思い出した。あれは凄かった。と思っていると、会場入口でもらったチラシの束の中に、ライヒの演奏会があった。2017年3月1日~2日。東京オペラシティ。演奏者は、スティーヴ・ライヒ、コリン・カリー(パーカッション、指揮)、コリン・カリー・グループ、シナジー・ヴォーカルズ。

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1416-bdb5abfe
Listed below are links to weblogs that reference
都響・定期演奏会  アルヴォ・ペルトとスティーヴ・ライヒ  指揮/クリスチャン・ヤルヴィ from 一夜一話

Home > クラシック音楽 > 都響・定期演奏会  アルヴォ・ペルトとスティーヴ・ライヒ  指揮/クリスチャン・ヤルヴィ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top