Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「海に出た夏の旅」  ソ連映画  監督:セミョーン・アラノヴィッチ

映画 「海に出た夏の旅」  ソ連映画  監督:セミョーン・アラノヴィッチ

上


1-0_20160524230729147.jpg

 1942年のソ連。夏の北極海に浮かぶ、無人島での話。

 徴兵適齢未満の少年たちを多数乗せて、古びた軍用輸送船が、この孤島へ向かっている。
 徴兵適齢未満とは言え、まだ童顔の子供も多くいるが、みな志願して集まった少年たちだ。彼らの任務は、海鳥の生息地となっている孤島に滞在し、無数にいる海鳥の卵を集め持ち帰ること。ソ連の銃後は食料不足であった。

 鳥の巣は、海に面して切り立った岩壁にある。腰にロープを巻いて崖を降りる。相棒の一人は崖の上でそのロープを支える危険な作業だ。
 この岩だらけの島には、まきにする木と飲み水がない。ボートを漕いで遠くの島へ調達に行く。その島には清流が流れ落ちる小さな滝があった。
 パンは輸送船で来る時に持ち込んだ。肉は少年たちが猟銃で撃ち落とした海鳥の肉。みなで調理する。テント生活である。少年たちの面倒をみるのは、優しい老兵の男。無線機は無い。

 ある日、ドイツ軍戦闘機1機が島に飛来し機銃掃射してきた。その直後、ソ連の戦闘機が現れ、空中戦の末、ドイツ軍戦闘機は墜落。その際、敵機搭乗員がパラシュートで、飲み水調達の島に降りたことは誰も気づかなかった。幸い、少年はみな無事であった。

 短い夏が終わろうとしていた。島では、パンが底をついた。海が荒れだし飲み水も蓄えが無くなっていた。飢えが始まろうとしていた。なぜ、パンの補給がないのか。少年を運んだあの輸送船はドイツ潜水艦によって撃沈されていたのだ。

2-0_20160524231117e98.jpg ある濃霧の日、ドイツ軍潜水艦が島付近に浮上し、少年たちの島に3人の兵士が上陸してきた。墜落した戦闘機搭乗員の捜索であった。ドイツ兵士は、少年ばかりがいることに驚いた。
 少年たちの世話役の男は、搭乗員の所在は知らないと言った。そして敵意をむき出しにする少年を制して、ここは夏休みのキャンプだと言ってその場を取り繕った。(父親が戦死した子たちは多かった)
 しかし、些細なことでドイツ兵の怒りを買い、少年たちの世話役は皆の前で射殺された。

 その頃、濃霧のなか、水を補給しようと島へ渡った年長の少年たちは、上陸後、墜落したドイツ兵と遭遇した。銃撃戦になったのち、ドイツ兵は少年たちに捕まった。その場で射殺しようとしたが、ひとりの少年が止めに入った。結局、兵士の両手を縛って、舟は島を離れた。
 島から帰って来て、年長の少年たちは世話役の死を知った。射殺を止めた少年は、ひとり猟銃を持って水の島へ引き返した。そして、ドイツ兵を見つけ出し、銃を構えるのであった。(終)
 その後、少年たちはソ連の軍艦によって無事救出された。


 映画冒頭で、少年を島へ運んだソ連の輸送船は少年たちを降ろすと、すぐさま別の海域へ向かった。その任務はドイツ潜水艦に撃沈され、漂流する連合国軍の輸送船団搭乗員の救出であった。
 1941年、ドイツは独ソ不可侵条約を破り、ソ連に侵攻を開始した。これに対し、ソ連を支援する連合国軍(アメリカ、イギリス)はソ連への物資や兵器の援助を始めた。
 この映画は、連合国軍の輸送船団を巡り、北極海で行われたドイツ軍との戦闘・「北極海の戦い」の最中の話のようだ。


オリジナル・タイトル: Летняя поездка к морю
英語タイトル:SUMMER TRIP TO THE SEA
監督:セミョーン・アラノヴィッチ|ソ連|1980年(1978年?)|88分|

一夜一話の歩き方   直近の記事100 リスト (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1418-b2129581
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「海に出た夏の旅」  ソ連映画  監督:セミョーン・アラノヴィッチ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「海に出た夏の旅」  ソ連映画  監督:セミョーン・アラノヴィッチ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top