Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > <あ行> の邦画  これまでに記事にした邦画から。 2016.6.14

<あ行> の邦画  これまでに記事にした邦画から。 2016.6.14

00_2016062108400748a.jpg
 これまでに記事にした邦画から、<あ行> の映画を並べてみました。
 題名をクリックして、ご覧ください。
 <か行>以降は、こちらからどうぞ。(邦画の五十音一覧リストです)

無題000
監督:溝口健二
1937
監督:久松静児
1959
監督:蔵原惟繕
1966
監督:舛田利雄
1958
監督:枝川弘
1955
監督:市川崑
1950
監督:鈴木英夫
1965
監督:市川崑
1952
監督:滝田洋二郎
2005
監督:上利竜太
2010
監督:ドナルド・リチー
1962
監督:冨永昌敬
2010
監督:矢口史靖
1999
監督:市川崑
1957
監督:瀬々敬久
1999
監督:市川崑
1959
監督:成瀬巳喜男
1953
監督:森谷司郎
1968
監督:北野武
1991
監督:桜井秀雄
1966
監督:清水邦夫/田原総一朗
1971
監督:飯塚健
2012
監督:稲垣浩
1956
監督:吉田喜重
1963
監督:清水宏
1936
監督:松田健太郎
2009
監督:清水宏
1938
監督:真利子哲也
2009
監督:森崎東
1985
監督:野村岳也
1966
監督:渡邊孝好
1994
監督:斎藤寅次郎
1930
監督:深作欣二
1992
監督:緒方明
2004
監督:吉村公三郎
1951
監督:藤田敏八
1974
監督:小津安二郎
1959
監督:溝口健二
1953
監督:清水宏
1941
監督:太田浩児
1961
監督:本多猪四郎
1959
監督:林海象
1996
監督:横浜聡子
2009
監督:高嶺剛
1989
監督:内田けんじ
2005
監督:田中登
1976
監督:仰木豊
2006
監督:岡本喜八
1963
監督:衣笠貞之助
1958
監督:五所平之助
1954
監督:市川準
1999
監督:行定勲
1997
監督:ジャン・ユンカーマン
2015
監督:新城卓
1983
監督:市川崑
1954
監督:マキノ正博
1939
監督:柴田剛
2004
監督:成瀬巳喜男
1935
監督:清水宏
1957
監督:真利子哲也
2012
監督:冨永昌敬
2012
監督:富田克也
2012
監督:望月六郎
1997
監督:鍛冶昇
1966
監督:阪本順治
1998
監督:林海象
1992
監督:井上梅次
1962
監督:井上春生
2008
    


1_20160616094738598.jpg 2_20160616094740aa8.jpg 3_20160616094741007.jpg 4_20160616094743260.jpg 5_20160616094909f18.jpg 6_20160616094910fcf.jpg 7_20160616094911112.jpg 8_20160616094913082.jpg 9_20160616095047b56.jpg 10_2016061609504968f.jpg 12_20160616095050e27.jpg 13_201606160950524b0.jpg 14_201606160952063b8.jpg 15_201606160952088d6.jpg 16_20160616095209cda.jpg 17_20160616095211916.jpg これ0-1 これ0-2 これ0-3 これ0-4 500.jpg 501.jpg 502.jpg 504.jpg



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1428-b48b1746
Listed below are links to weblogs that reference
<あ行> の邦画  これまでに記事にした邦画から。 2016.6.14 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > <あ行> の邦画  これまでに記事にした邦画から。 2016.6.14

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top