Home > ポピュラー音楽 > 映画 「スライ・ストーン」  ドキュメンタリー映画   2015年

映画 「スライ・ストーン」  ドキュメンタリー映画   2015年

1-4_201606281147160aa.jpg

2-0_2016062811555425b.jpg スライ&ザ・ファミリー・ストーンのリーダー、スライ・ストーン(1943年-)のドキュメンタリー映画です。

 映画のなかでスライのサウンドが流れてくるだけで、ウキウキする方々向けの映画。
 言い換えれば、1970年前後のころのファンクミュージックに共感持てないと、正直、面白くない。 

 思うこと。
 40年以上の時の流れは残酷だな。
 凄く音楽的才能ある彼は、自身が望む音楽はやるが、音楽ビジネスが言うことには迎合しない人かも。そして案外、利にさとい人じゃないかもしれない。でもヒットし売れた。
 頭にひらめいたサウンドを実現するのにあれこれ考え没頭する凝り性さが、音楽ビジネス側が言う以上のサウンドを作り上げたのだろうと思える。
  実は永遠にアマチュア精神の人なのかもしれない。
  映画の中で、彼はホテルの一室でひとり、パソコンに向かって曲を作っている。あれは、若い頃スタジオにこもり、バンドメンバーを昼夜問わず待機させ、夜中にたたき起こし、すぐさま彼が期待するプレイをさせた、のと同じだ。幾つになっても彼は、曲を作り演奏したい。素晴らしい曲を作りライブするのが、お金以上に好きかも。そう感じた。

 いろいろあった末に、業界からも世間からも長年、身を隠し通していた。おまけにマネジャーに金を奪われ無一文、キャンピングカーに寝泊まりしてホームレス状態だった。この映画のインタビューに応じたのも金かも知れない。しかし訴訟に勝ち、金は戻った。離れていた元メンバーも、それまでの しがない毎日を抜け出そうと集まってくる。
  まだ生きているのに、もう既に伝説になってしまっていたが、これを打ち払うように彼は音楽活動を再開する、御年72歳。

 曲名をクリックして、Sly & the Family Stone をお聴きください。
 サンキュー(1970) ソウルトレインのライブ演奏
 ダンス・トゥ・ザ・ミュージック(1968) ライブ演奏

 当時、私はそれほど熱心に聴かずに終わっていた。
 時が経ち、私の聴く耳が変わったようだ。アルバム何枚かは、まだどこかにあるはず。これを機に、また聴いてみるかな。

オリジナル・タイトル:Dance to the Music
監督ウィレム・アルケマ|オランダ|2015年|90分|
出演 :スライ・ストーン|ウィレム・アルケマ|アルノ&エドウィン・コニングス兄弟|フランク・アレラノ|ジェリー・マルティーニ|グレッグ・エリコ|リッチ・ロマネロ|ほか

一夜一話の歩き方   直近の記事100 リスト (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              







関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1434-56285839
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「スライ・ストーン」  ドキュメンタリー映画   2015年 from 一夜一話

Home > ポピュラー音楽 > 映画 「スライ・ストーン」  ドキュメンタリー映画   2015年

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top