Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「ボーダー・レディオ」  監督:アリソン・アンダースほか

映画 「ボーダー・レディオ」  監督:アリソン・アンダースほか

上
クリス(左)と、失踪中のジェフ

 ロサンゼルスのアンダーグラウンドなロックミュージシャンたちの話。

0_20160712111225198.png 映画は、ライブハウスでスポットライトを浴びる姿を描かず、ミュージシャンの日常を淡々と描いています。
 彼らは、アンダーグラウンドの(インディーズな)スターかも知れませんが、彼らからロックを除けば、世間で言う与太者、やくざな連中、何の役にも立たない人にみえます。映画は、そんな彼らについてを語ります。

 お話の舞台は、ロサンゼルス郊外やメキシコの海岸。どの野外シーンも、人影のない静かで寂しい風景ですが、その分、その場所の雰囲気を感じさせる空気感が伝わってきます。
 ロサンゼルスのアンダーグラウンド・シーンを知らなくても、この空気感を感じられれば、映画を楽しめるかも知れません。

 曲も書くバンドリーダーのジェフは、ディーンとクリスと一緒にライブハウスの事務所に忍び込み、金庫から1000ドルを盗んだ。店は彼らにギャラを支払わなかったのだ。さっそく、店の男たちはジェフを追ったが、彼はメキシコへ逃げた。
 しかし実は、ジェフがロスを抜け出し、メキシコの田舎の海辺に身を隠したわけは、レコード会社やらの音楽ビジネスと、そして家庭から逃れたかったのだ。
 ロスのアンダーグラウンド・シーンは、それが立ち上がったころの熱気を失っているようだ。ジェフはバンドを解散しようと思っている。でも、次の一歩が見いだせない。
 
 そんなことを何も知らぬジェフの妻・ルアンナのもとには、レコード会社から何度も連絡が入るが、ルアンナは何も答えられない。
 しばらくして彼女は、バンド仲間から、ジェフらが1000ドル盗んだこと、彼がメキシコにいることを知る。
 そして日々が過ぎ、ジェフとルアンナは別れ、ジェフはソロアルバムを出す。

 まあ、どうこう言うストーリーじゃない。先にも書いた通り、映画シーンが醸し出すロス郊外の空気感と、ロックミュージシャンの与太者さに、何かしらの魅力を感じないと、ダラダラしていて、な~んも面白くない。要するに地味なインディーズ・ムービーですが、いいです。
 出演者の多くは、ロスで活躍する実際のロックミュージシャンたち。


【アリソン・アンダース監督の映画】 ~ 一夜一話でこれまでに記事にした映画です。

 「フォー・ルームス」 (第1話~第4話)  監督:クエンティン・タランティーノほか4人の監督によるオムニバス
  その第1話: 「ROOM 321 お客様は魔女」 監督:アリソン・アンダース
  【概要】 ロサンゼルス、ある年の12月31日大晦日。今は寂れたこのホテルが舞台です。ホテルでたった一人のベルボーイのテッド(ティム・ロス)が大晦日に遭遇する、4組の宿泊客たちとの、大騒動ドタバタ・コメディ。

 「ストラッター」  監督:アリソン・アンダース、カート・ボス
  【概要】 ロックで身を立てたいブレットと、風来坊の父親、そして包容力のある母親、この一家三人のお話。
 
 
オリジナル・タイトル:Border Radio
監督:アリソン・アンダース、ディーン・レント、カート・ボス|アメリカ|1988年|85分|
脚本:アリソン・アンダース、ディーン・レント、カート・ボス|撮影: ディーン・レント|
出演:クリス・D(ジェフ)|ルアナ・アンダース(ジェフの妻・ルアンナ)|クリス・シアラー(ジェフのバンドのローディー、クリス)|ジョン・ドゥー(ディーン)|デイブ・アルビン(デイヴ)|アイリス・ベリー(グルーピー)|


一夜一話の歩き方   直近の記事100 リスト (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              









関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1440-5f7bd1ad
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「ボーダー・レディオ」  監督:アリソン・アンダースほか from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「ボーダー・レディオ」  監督:アリソン・アンダースほか

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top