Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「ロマンス・ロード」  監督:むらまつしんご

映画 「ロマンス・ロード」  監督:むらまつしんご

上

 ひとりの男を同時に愛してしまった、ごく普通の女の子二人のその後を、コメディタッチで描く物語。 見慣れぬタイトルなのでレンタルしたが、残念な映画でした。

 ふたりはともに彼に見切りをつけ、やがて友人となる。
 失意のふたりは旅先で、新作を書けずに悩んでいる(人気の)恋愛小説家と出会い親しくなった。その小説家から「実は自分の恋愛経験は乏しいのです」と聞いたふたりは、彼と一対一で模擬デートを繰り返して恋愛指南をし執筆協力をする。これを元に小説家は、このふたりと自分自身を新作の登場人物として小説に仕上げようとする。そのうち、三人に恋愛感情が・・・。それも小説に織り込んで行く小説家。そして、ラストは意外な展開。またもや、同時に失恋するふたり。

 話のアイデアは、可笑しくて面白い。そして脚本も、まあいいとするなら、その先がいけない。 脚本はあくまで紙の上の世界、その先は俳優の仕事であり、同時に映画監督の仕事なのだが・・・。
 男とのめぐりあわせが良くない二人が、恋敵の関係から友人関係に変化し、著名小説家に恋愛指南を施し、その過程で三角関係が生まれ、結果、ふたり共また失恋するという、奇妙で微妙ないきさつを巧みに表現するには、俳優と監督にそれ相応の技量が要求される。

 さらにこの映画では、俳優が演ずる役に、観客が自分自身か、あるいは身の回りにいる人を重ね合わせて、そうかも、そうよね、と感じさせようとしている。舞台の上にいる人、美男美女のスターが演じるのではなく、観客の普通の日常感覚を、観客と同じ目線で語る身近な映画にしようとしている。
 観客が身近に感じられる人物を作るには、どこにもいるような人物を作ることになる。見た目も特別じゃなく、台詞が日常の自然なさまになる俳優。だからといって、普通を求めて普通っぽい俳優を起用すれば、普通の人を描けるというものでもない。自然体のさまが欲しくて、ど素人を主役に起用する方法もあるが、これはそれなりの工夫が必要だ。

 「普通」を映画にするのは、思いのほか、難しい。
 優れた俳優は、例えスターであっても、普通の人の日常感覚を体現できるものだ。ただし、予算があればの話。
 映画を作るのは難しい。


 監督・脚本:むらまつしんご|2012年|115分|
 出演:中村 はるな、太田 順子、土屋 裕樹ほか

 例えば、川で取った魚は水槽の中じゃ冴えない、水槽は魚にとって普通じゃないからだ。いきいきした魚を撮るには、カメラが川 (セットじゃなくロケ地) に入って行かねばならない。
 例えば、不幸な主人公の「普通」さを求めた、大島渚の「少年」、羽仁進の「不良少年」、先日記事にした洋画 「自由はパラダイス」などは、みな俳優志望でもない素人を主役に据えているが、それぞれ念入りに工夫している。

下【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら

直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品) 洋画評だけ見る (直近掲載の50作品) 
 
TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              




関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1451-9ed5452e
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「ロマンス・ロード」  監督:むらまつしんご from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「ロマンス・ロード」  監督:むらまつしんご

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top