Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「フランシス・ハ」   監督:ノア・バームバック

映画 「フランシス・ハ」   監督:ノア・バームバック

キャプチャ333


 この映画は、ニューヨークならではの芸術文化と、最先端のビジネスとが交差する、ロウアー・マンハッタン(Lower Manhattan)やブルックリンを背景にしたお話です。

1‐0

 27歳のフランシスと同い年のソフィーは大学の時からの付き合いで大親友、傍から見るとレズのカップルに間違われるくらい仲がいいし、気が合うらしい。
 ふたりはブルックリンで長らくルームシェアしている。いつも、おしゃべりし子供のようにじゃれ合っている。

 フランシスは、ニューヨークで活動するモダンダンスのプロのカンパニーに所属しているが、未だ正式団員になれない実習生。定職はない。
 彼女の周りの人は、アート系の職を志望する(つまりまだまだ売れない)人間が多いようだ。フランシスには、そんな男友達は多いが、彼氏となるといない。
 とは言え、好きな男がいて一緒に住もうとも言われたが、フランシスはソフィーとの共同生活の方を引き続き選んでしまった。彼女にとって悲しい出来事だったが、裏返せば、まあ、そんな程度の愛だったのかもしれない。

 ソフィーはフランシスとは違って、モダンダンス・カンパニーの正式団員で出版社に勤めているようだ。ソフィーはフランシスとじゃれ合いながらも、要領がよくクールで世渡り上手な面があった。
2‐0 フランシスはその日、ソフィーから言われた。憧れのトライベッカ(ロウアー・マンハッタンにある地区)にいい部屋が見つかった、女友達のリサとシェアすることにした、というのだ。
 フランシスは不意を突かれた格好。
 「あなたが嫌なら止めてもいいけど。」 でもソフィーには既に引っ越しの段取りが出来ていて、フランシスは嫌と言えなかった。

 ソフィーとシェアしていた部屋の家賃は、フランシスひとりじゃ高すぎる。とりあえずは、知り合いの男の子二人がいる部屋に転がり込んで、3人でシェアすることにした。


 やがて、ソフィーにパッチという彼氏が出来た。グローバル企業に勤めるエリート社員らしい。そして婚約。その上、パッチの日本駐在が決まりソフィーは東京へ。
 慌ただしい展開に、何やら置いてきぼりになったフランシスは、サクラメントの実家に行ったり、パリへ旅行したりして、つまり狼狽えている。私の未来は? 私ってどうしたらいい?

 ある日フランシスは、ダンスカンパニーを主催する女性ダンサーから、「あなたはダンサーじゃカンパニーには残れない。振付指導に才能があると思えるし、その才能の芽を育てるためにも、カンパニーの事務職をして生活を安定させれば。どう?」という提案を受けた。
 だが、フランシスはなんとかしてダンサーで身を立てたい。この話を断わった。


3-0 さりとて、フランシスにいい当てがあるわけじゃない。結局、マンハッタンを離れて、郊外(ニューヨーク州ポキプシー)にある母校の学生寮管理人となった。自然に囲まれたこの地で悶々とした日々が過ぎる。
 そんな折、学内に著名人を呼んでの大学主催パーティーがあった。そこへ、なんと!ソフィーとパッチが客として現れた。だが、ソフィーの様子が変、酔っぱらっていて周囲に絡んでいる。
 ソフィーと二人きりの場で聞いた話は、「パッチとの関係が最悪、東京は嫌い!」そして驚いた、「パッチとは本当の婚約じゃないの。」

 フランシスもソフィーもニューヨークに戻った。仕切り直しをしたフランシスは、自分の人生と向き合い、ダンスカンパニー主催者が言ってくれた提案を受けることにした。
 フランシスは楽しそうに事務をし、振付師として公演ステージの下にいる。新たな一歩を歩み始めたようだ。


 フランシスはおっとりしていて天然っぽい。気取ったニューヨークのビジネスエリート達とはソリが合わない様子。しかし、まあ、単に、幼いとも言える。仲間うちでの関係でも、ドジをしたり。店でカードが使えなくて、フランシスが慌ててATMへ走るシーンなんかは、親近感湧きません? この映画、そういう笑えるシーンがあります。フランシス役の女優で、監督と一緒に脚本に加わったグレタ・ガーウィグが生きいきしています。
 一方、ソフィーという女性は、観ていて、ニューヨークのビジネスエリートが住む世界と、売れない芸術家たちの世界との中間領域にいて、両方が分かるという女性に感じます。ニューヨークに戻ってからも、そんな二人は、大の仲良しっていう話でした。

題名の「フランシス・ハ」 の謎は、
郵便受けのネームプレート(紙)の右端が、はみ出してしまうので、
Halladay の lladay の部分を裏側に折りたたんでしまったってワケ。

下2

オリジナル・タイトル:Frances Ha
(本当は、Frances Halladay
監督:ノア・バームバック|アメリカ|2012年|86分|
脚本:ノア・バームバック、グレタ・ガーウィグ|撮影:サム・レビ|
出演:フランシス(グレタ・ガーウィグ)|ソフィー(ミッキー・サムナー)|レフ(アダム・ドライバー)|ベンジー(マイケル・ゼゲン)|パッチ(パトリック・ヒューシンガー)|ダン(マイケル・エスパー)|コリーン(シャーロット・ダンボワーズ)|レイチェル(グレイス・ガマー)|ほか


下【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら

直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)

洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1460-e6096083
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「フランシス・ハ」   監督:ノア・バームバック from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「フランシス・ハ」   監督:ノア・バームバック

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top