Home > 一話 > 京都に行って来た。 京都の湯と水の話   2016.9.8

京都に行って来た。 京都の湯と水の話   2016.9.8

  • Posted by: やまなか
  • 2016-09-11 Sun 06:00:00
  • 一話
 今年も、京都へ墓参りに行ってきた。
 そのついでに行った、元京都の人間の京都観光です。


 船岡温泉と船岡山

1_2016091018112731f.jpg 船岡温泉に行きました。
 大正12年創業、文化庁の登録有形文化財に指定。 
 実は温泉と言っても銭湯です。(船岡温泉公式サイトはhttp://www.kyo1010.com/feature/funaoka/
 玄関を入ろうとしたら、いきなり外人のカップルが出てきました。なるほど、ここも観光スポットになっている。
 浴室は銭湯にしてはなかなか広く、いろんな湯船があります。サウナもあって、430円は安い。
 熱湯の湯船は、42度くらいか、私にはちょうどいい。
 カップルのほかに外人2人がいましたが、様子を見ていると、勝手がわかっていて近所に住んでる人のよう。
 それ以外の客は、みな近所のおっさんばかり。平日3時なので空いてました。(京都市北区紫野南舟岡町82−1)

 ところで、この銭湯は船岡山のふもとにあります。
 山と言っても低い丘。(標高111.7m) 
船岡山0 ですが、この船岡山は平安京を作る時の、都市計画の基準点だったらしい。つまり平安京の中心の真北で、都の中心軸・朱雀大路はこの基準点をもって作られた。 (右の地図をクリックで拡大できます
 朱雀大路(現在の千本通)をずっと南に下って行った先の、あの羅生門(羅城門)も、船岡山からの延長線上にあるわけ。
 そんなところで、ゆっくり湯船に浸かっているのは、なんとも気分が良い。
 (船岡山のwikipediaはこちらから。外部リンクです)


 八坂神社と料亭・菊乃井

キャプチャ30 中心軸の話をもうひとつ。
 墓参りを終えて、大谷本廟(清水寺に隣接)から東山沿いに北へぷらぷら歩いて、八坂神社へ。(656年創建)
 八坂神社(祇園社)の正門は神社の南側にある。ここへ向かう道は一直線。神社の正面へ行く表参道で、中心軸。
 今、この道を下河原通りと呼ぶが、中世では、これを百度大路(祇園大路)と言った。
 お百度参りとは100回お参りするんじゃなくて、そもそもは、この百度大路を通ってお参りすることを言ったらしい。
 (右の地図をクリックで拡大できます
 

4 この八坂神社南門の門前町は下河原町といい、昔、この地域一帯は下河原遊里と呼ばれた所。1770年代ごろには、水茶屋や楊弓(小弓で遊ぶ遊技場)があったらしい。さらには大昔、ここら一帯は、一面、河原地で東山の上から流れ出る2本の川が流れていた。(菊渓川と轟川で鴨川へ注ぐ)
 暗渠になっている箇所は多いが今も、地図上で高台寺(1606年開山)周辺に、菊渓川らしきが確認できる。東山は水が多い所ですね。

 で、やっと、料亭・菊乃井の話。
 (大正元年(1912年)創業の京料理・懐石料理の料亭)
 下川原に菊水(菊井ともいう)という井がある。はるか昔から茶に良いと言われ、菊渓川と水脈が通じていた。(改定・京都民族志 東洋文庫129)
 この井戸が料亭・菊乃井の敷地内にある。元々ここは、その世界の大親分から買い取った土地屋敷らしい。料亭の裏は高台寺の石垣と接している。
 かつて、何回か入ったことがある。高いですが、とても美味しいですよ。窓からの東山が美しい。古い金屏風が、薄暗い部屋にほのかな明かりになることも知った。
 当時、若女将から教えてもらったこと。あるじがヨーロッパに呼ばれて料理するとき、一番困るのは水。軟水が無い。そこで代用にボルヴィック(Volvic)を使うという話。


 

 東華菜館と祇園サンボア

東 歩き回って、喉が冷えたビールを欲しがりはじめたので、鴨川にかかる四条大橋を渡って橋詰にある東華菜館に寄った。 
 東華菜館は、大正15年創業の北京料理店で、建物は、あの洋館建て。
 店の歴史は公式サイトhttp://www.tohkasaikan.com/information/history.html
 春巻きが美味しい、といっても普通と違う。タケノコの千切りがいっぱい入っている。慣れると美味しい。京都の中華料理店ハマムラもこれと同じを出す。館内エレベータは、1924年米国で製造、輸入されたOTIS製で日本最古。

 夜になって、恒例の従妹と呑み会。
 大丸前で待ち合わせて、高倉通四条下ルあたりの和風モダンの店。ハモや久しくご無沙汰の土瓶蒸しが出たので嬉しや。
 そして、去年、閉店時間が過ぎていて入れなかったバー・祇園サンボアへ行く。(東山区祇園町南側 570-186)
 人通りが多い四条通~花見小路へと行くより、四条大橋の南にかかる どんぐり橋を渡って祇園へ入る。
 サンボアの本店は寺町三条にある「京都サンボア」で1918年創業。アイラ島のアイリッシュ・ウィスキーが美味かった。
 去年、祇園界隈は夜になっても観光客がギッシリだったが、今は平常でした。


 京都タワー、そして新幹線に乗って

6_20160910214708197.jpg 翌日、用事を済ませ、お昼は錦でうどん食って京都駅へ。

 湯上りで新幹線に乗る、をやりたかった。
 京都タワーの地下3階に大浴場がある。とはいっても、湯船はひとつ。ひとりだけ先客がいてガランとしている。
 湯は熱めで、まことに結構。
 毎月26日、風呂の日に、各種薬湯をしているようで、そのひとつが、アヒルの湯。
 男女の湯あわせて2800個を湯に浮かべるらしい。これはいい! 入ってみたい。
 番台のおばさん言うに、子どもより大人が喜ぶらしい。湯船のヘリに、アヒルを並べて楽しんでいる人もいるとか。

 さて、ホームで吟醸かぐや姫を買って、湯上り・のぞみに乗る。
 たぶん、名古屋手前あたりで熟睡。
 吟醸かぐや姫の酒造メーカー山本本家は、延宝五年(1677年)に伏見七ツ井のひとつ、白菊井の湧く京都市伏見区上油掛町で創業。なるほど。

 京都盆地は水が豊かです。


【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              

 
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1476-dc1ee720
Listed below are links to weblogs that reference
京都に行って来た。 京都の湯と水の話   2016.9.8 from 一夜一話

Home > 一話 > 京都に行って来た。 京都の湯と水の話   2016.9.8

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top