Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「シュトロツェクの不思議な旅」  西ドイツ映画  監督:ヴェルナー・ヘルツォーク

映画 「シュトロツェクの不思議な旅」  西ドイツ映画  監督:ヴェルナー・ヘルツォーク

上




1-0_2016091920091260a.jpg







 男と女と老人の話。
 シュトロツェク役のブルーノ・Sという男優の存在感が、この映画を制しています。
 私たちは、映画の中のシュトロツェクをみているのか、それともブルーノ・Sという男の生きざまをみているのか。混同してしまいます。
 つまり、映画というお芝居を観ているつもりが、ブルーノ・Sという憐れな男についてのドキュメンタリーを観ているように感じてしまうのです。この映画は、そんな映画です。

 ベルリンの壁があった時代の話です。そのころ、ベルリン(西ベルリン)は東ドイツのなかにポツンとあって、「赤い海(共産主義諸国)に浮かぶ自由の島」と言われていました。
 しかし、シュトロツェクにとって、ベルリンは自由の島ではなかった。酒乱のあげくに何の罪を犯したのか、彼はやっと刑務所から出てきます。話はここから始まります。

 出所して、その足で最初に向かった先が、飲み屋。そこで、顔見知りの街のワルに出会い、そして、ワルにいたぶられているエーファーという、これも顔見知りの女を、シュトロツェクは慰めます。行くところがないなら、私の家に来れば。

 そんなことで、シュトロツェクとエーファーの奇妙な同居生活が始まります。しかし、この同居を良く思わないワルな男ふたりから、シュトロツェクとエーファーは虐待を受けます。そしていつしか、ふたりの間に愛が生まれます。普通なら、ダサくてとろい変人のシュトロツェクが、派手でワルで要領のいいエーファーと、くっつくことはなかったでしょう。

2‐0 さて、ふたりの知り合いの老人シャイツは、甥を頼ってアメリカに行くことにしていました。これを知ったシュトロツェクとエーファーは、老人について一緒にアメリカへ渡ることになります。脱ベルリン。
 自由なアメリカ! 不幸から這い上がれるチャンスが転がってるアメリカへ!

 ニューヨークに着いた三人は、ここでアメリカの息吹きを感じ嬉しそうでした。そして甥が住むウィスコンシン州に到着。そこは、もうすぐカナダというアメリカ北部の地。人口希薄な田舎の大地。

 シュトロツェクは、シャイツ老人の甥が営む自動車修理を手伝います。エーファーは近くのレストランでウェイトレス。しかし稼げる金は僅かです。
3-0_201609192042500b3.png せっかくアメリカまで来たのに、ふたりの生活は豊かになりません。思い切ってトレーラーハウスや家電を買いましたが、たちまちローンの返済が滞る。これまで、いささか幻想的な風味をみせていた映画は、ここでは、やけに現実的な様相をみせます。

 エーファーは、いつまで経っても世間ずれしないシュトロツェクを姉のように守ります。もっと稼ぎを増やすため、彼女はレストランに来る客に身を売りはじめます。

 しかし、こんな生活は長続きしませんでした。エーファーは、長距離トラックのドライバーと、どこかへ行ってしまいます。トレーラーハウスや家電は競売にかけられ、シュトロツェクはすべてを失います。

 ひとり残されたシュトロツェクは、シュトロツェク以上に浮世離れのシャイツ老人と、ライフル銃を持って銀行強盗を仕掛けます。
 ですが狙った町の銀行は閉まっていて、銀行の隣りの店で僅かな金を盗むに終わります。ケチな強盗でした。
 警察はシャイツ老人を逮捕、シュトロツェクは逃げおおせました。そして、ライフル銃を携え逃走するシュトロツェクは、・・・・。
 映画はラスト近くになって、ふたたび幻想味を色濃くして行きます。

 自由と解放を期待したシュトロツェクですが、そもそも彼は、人並みに生きる術を持てない不自由な男でした。
 ストーリーの力量は拙いくらいで、シュトロツェク役のブルーノ・Sなくしては成立しえなかった映画です。あるいは、初めから彼の出演を見込んで、敢えてこんな脚本にしたのかもしれません。
 ブルーノ・Sの演技は、怪演というほどの派手さは無く、地味でジワッとモッサリですが、それがかえってリアリティを生みます。
 どこまでが演技で、どこまでが「素」なのか、判然としない俳優、奇妙な魅力のある演技というと、私は2014年の日本映画 「川下さんは何度もやってくる」の主演俳優・佐藤宏を思い浮かべます。ブルーノ・Sに負けず劣らずの演技を観てください。(「川下さんは何度もやってくる」の記事を読むには、題名をクリック)
 

オリジナル・タイトル:Stroszek
監督・脚本:ヴェルナー・ヘルツォーク|西ドイツ|1977年|110分|
撮影:トーマス・マウフ 、 エド・ラッハマン|
出演:シュトロツェク(ブルーノ・S)|エーファー(エヴァ)(エーファ・マッテス)|シャイツ老人(クレメンス・シャイツ)|ほか

【 刑務所を出た、それからの話 】  これまでに記事にした映画から (それぞれ題名をクリックしてご覧ください)

バッファロー'66」  監督:ヴィンセント・ギャロ
街の元締めに呼ばれ、他人の罪(刑期5年)を肩代わりすれば許すと言われ、言われるまま人知れず刑務所へ。そして出所。映画はここから始まる。刑務所5年の間・・・。
都市の夏」  監督:ヴィム・ヴェンダース
ミュンヘンの朝。門を潜り抜けたハンスは刑務所前の道路に出る。道の向こう側に一台の車が停車しているのに気付く。迎えは来るはずではなかったが、勧められるままに後部座席に乗り込んだ・・・。
この森で、天使はバスを降りた」  監督:リー・デイヴィッド・ズロートフ
そもそも、パーシーはなぜこの町に来たのか・・・。そのワケは誰にも言わないが、彼女は大きな苦悩を背負っていた・・・。
呼吸」  監督:カール・マルコヴィックス
冷たいけれど新鮮なそよ風が吹く、爽やかな映画だ。舞台はウィーン。ローマン・コグラー19歳は、少年院に服役して5年になる。現在は保護観察官が付いて仮釈放の身となって・・・。
仁義」  監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
5年の刑期を終えても、この男は懲りない。コーレイ(アラン・ドロン)は、出所の前日に看守から、うまい話を聞いた。この看守の義兄が勤める高級宝石店が・・・。
いぬ」   監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
4年の刑期を終えても、この男は懲りない。2人で組んだ前回の案件は話がうますぎた。モーリス(セルジュ・レジアニ)は刑務所へ。罪滅ぼしのつもりだろう、出所時ジルベールが迎えに来た。そしてまもなく・・・。
無宿」  監督: 斉藤耕一
それぞれに望みを抱いて、晴れて刑務所を出た男ふたりの物語。玄造(勝新太郎)は、ぼくとつなヤクザ錠吉(高倉健)と刑務所で知り合った。やんちゃで人懐っこく ひょうきんな玄造は、錠吉のその凛とした様子に魅かれ、またなぜか自分と相通ずるものを感じた。
雲の上」  監督:富田克也
いい映画だ。8ミリで撮影された。そのワイルド感と録音ノイズ、その場一発撮り的な、生なライブ感が織りなす映像は観客をとりこにする。
ナイン・ソウルズ」  監督:豊田利晃
刑務所を脱走した9人の男たちの顛末を描く、コメディ映画です。

【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1479-dd742b94
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「シュトロツェクの不思議な旅」  西ドイツ映画  監督:ヴェルナー・ヘルツォーク from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「シュトロツェクの不思議な旅」  西ドイツ映画  監督:ヴェルナー・ヘルツォーク

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top