Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「舞妓はレディ」   監督:周防正行

映画 「舞妓はレディ」   監督:周防正行

上

 いい娯楽映画ですね。
 こういう明るく楽しい喜劇は好きです。気晴らししたい時にはぜひ観るといいでしょう。

1-0_20160923143730d0c.jpg 春子役の上白石萌音を、富司純子、田畑智子、岸部一徳ら大勢が支えています。
 この映画はミュージカル映画の部類でしょうが、ミュージカルに抵抗ある人も楽しめます。(私がそうです)
 ミュージカルとはいっても、歌や踊り(ダンス)以外のシーンが大部分ですし、思いのほか、歌も踊りも馴染みやすい。
 それは、音楽の周防義和、作詩の周防正行・種ともこ、そして振付のパパイヤ鈴木が、なかなかいい仕事をしているからです。
 ストーリーはすなおで、そんな脚本の上で、力ある俳優たちが楽しそうに演技するなか、上白石萌音が光ります。

 春子(上白石萌音)が「舞妓になりたい」と下八軒という花街を訪ねるところから始まる、この話は、(古い映画の話になりますが)溝口健二の「祇園囃子」の出だしを思い出します。当時20歳の若尾文子が、やはり舞妓になりたいと祇園を訪ねるのです。
 また、同じく若尾文子主演のミュージカル映画「初春狸御殿」の歌や踊りありの和製ミュージカルの華やかさも思い出します。
 そう考えると、「舞妓はレディ」はとても現代的な映画ですが、日本映画のこれまでの流れを脈々と受け継いでいるとも思えます。
 ちなみに下八軒とは上七軒のもじりです。

 (「祇園囃子」・「初春狸御殿」の記事は題名をクリックしてお読みください。)

 
監督・脚本:周防正行|2014年|135分|
撮影:寺田緑郎|音楽:周防義和|作詞 :周防正行、種ともこ|振付:パパイヤ鈴木|
出演:お茶屋「万寿楽」の人々(置屋兼業)・・・西郷春子(上白石萌音)|万寿楽の女将・小島千春(富司純子)|舞妓の百春(田畑智子)|芸妓の里春(草刈民代)|芸妓の豆春(渡辺えり)|男衆の青木富夫(竹中直人)|万寿楽に出入りする亰大学の言語学者・京野法嗣(長谷川博己)|
馴染みの旦那衆・・・北野織吉(岸部一徳)|高井良雄(髙嶋政宏)|市川勘八郎(小日向文世)|馴染の客(津川雅彦)|
その他の出演者・・・花街生まれの大学院生・西野秋平(濱田岳)|万寿楽の女将が舞妓の頃の好きな人で映画スター・赤木裕一郎(妻夫木聡)|鳴物の師匠(彦摩呂)|ほか

【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              

 

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1482-53c3dacc
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「舞妓はレディ」   監督:周防正行 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「舞妓はレディ」   監督:周防正行

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top