Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「セントラル・ステーション」 (ブラジル映画)   監督:ウォルター・サレス  

映画 「セントラル・ステーション」 (ブラジル映画)   監督:ウォルター・サレス  

上
ジョズエとドーラ。(セントラル・ステーションにて)


 幼い少年・ジョズエと、ドーラおばさんのロードムービーです。

1-0_20161018121129493.png たくさんの乗降客が行き交う、リオデジャネイロ のセントラル・ステーション駅構内で、ドーラは代筆屋(手紙文の執筆代行サービス)をしている。(読み書きができない人が多いのです) 手紙の内容は、ラブレターや、しばらく会えないでいる人へのメッセージ。
 ドーラはお客が語る言葉を、その場で手紙にしたためます、お客がうまく言えないことは、ドーラが的確な表現を提案し手紙文にしています。

 ある日、少年・ジョズエは母親に連れられてドーラの前に現れます。母親は夫と遠く離れ、ジョズエと共にここリオに住んでいるようです。
 ジョズエは父親に会いたいようですが、母親は渋っています。せめて手紙をということで、ジョズエにせがまれて母親は、ドーラの代筆屋に来たのでした。
 しかし、その直後、母親は駅前で交通事故にあい即死。ジョズエはその日から、駅構内でストリートチルドレンの生活を余儀なくされます。(警察を含め生活保護のセーフティネット不足を映画は言っています)

 これまでドーラは、気ままな一人身の生活を続けて来ました。構内にいるジョズエの様子を、ドーラは目の端に見てはいますが、彼を面倒見る気は無い。むしろ、関わりたくなかった。しかし、日が経つにつれ、またドーラの友人・イレーヌに言われて、ドーラはジョズエの事が気になりはじめる。

 そこで、ドーラがとった行動とは、養子縁組の組織にジョズエを引き渡し、ドーラは組織から得た代金で大型テレビを買ったのです。
 だが、その組織は臓器売買が商売だと、またもやイレーヌに言われて、ドーラは勇敢にもジョズエの身柄を組織から奪還します。
 そして、ドーラは手紙の宛先を頼りに、ジョズエを連れて列車でバスでトラックの荷台に乗って、父親探しの旅に出る。

 旅の途中でいろんなことに遭遇して、ふたりの間に行き交う感情が、時間とともに変化していく様が見どころです。
 話は、けれん味がなくストレートで分かりやすいです。
 映画はラスト近くでも、読み書きができないことからの不幸を描きますが、話の結末は淡いハッピーエンドで終わります。

 ちなみに映画の最後に、サンバの作曲家で歌手のカルトーラが、しみじみと歌います。
 ドーラ役の女優・フェルナンダ・モンテネグロが、映画 「リオ、アイラブユー」(リオ、エウ・チ・アモ)に出演していたのを観て、私はこの「セントラル・ステーション」を思い出しました。(先日書いた「リオ、アイラブユー」の記事は題名をクリックしてお読みください)

オリジナルタイトル:Central do Brasil
英語タイトル:Central Station
監督:ウォルター・サレス|ブラジル|1998年|111分|
脚本 ジョアン・エマヌエル・カルネイロ 、 マルコス・ベルンステイン|
撮影 ヴェルテル・カルバーリョ
出演:ドーラ(フェルナンダ・モンテネグロ)|ジョズエ(ヴィニシウス・デ・オリヴェイラ)|イレーヌ(マリリア・ペラ)|ジョズエの母親・アナ(ソイア・リラ)|ほか


【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽  
            
下



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1493-810f55c4
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「セントラル・ステーション」 (ブラジル映画)   監督:ウォルター・サレス   from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「セントラル・ステーション」 (ブラジル映画)   監督:ウォルター・サレス  

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top