Home > クラシック音楽 > NHK音楽祭2016  NHK交響楽団 指揮:トゥガン・ソヒエフ (2016年10月31日NHKホール)

NHK音楽祭2016  NHK交響楽団 指揮:トゥガン・ソヒエフ (2016年10月31日NHKホール)

 トゥガン・ソヒエフ指揮、N響ってのを聴いてきた。
 演奏曲は、
 ハイドン/交響曲 第104番 ニ長調 Hob.I-104「ロンドン」
 武満 徹/マイ・ウェイ・オヴ・ライフ ― マイケル・ヴァイナーの追憶に(1990)
 ブラームス/交響曲 第2番 ニ長調 作品73

 お目当ては、ブラームスだったんだけど、武満の、初めて聴くこの曲が良かった。
 オーケストラとバリトン(ギャリー・マギー)に100人以上の東京混声合唱団。
 分厚く柔らかい音(音域)に包み込まれる至福感。五線譜はいったい何段あるんだろうか。そして、大人数の人の声は素晴らしい。3種の銅鑼の音色が、控えめにオケの全体に染み込んで行くのも印象的。
 この曲、結構聴きやすく、つまりちょっとポピュラーっぽい。印象的な主旋律を添えれば、ディズニー映画のテーマになりえるかも知れない。
 ブラームスは軽快な印象。持って回ったモタツキがない。とは言え、描き方は浅くはない。それぞれの楽器パートの旋律を大事にしながらも全体の調和を整えている。見通しいいオケに仕上がっていた。

 ホールに早く着いてしまったので、聞きたくもないプレトークを聞いてしまった。
 トークは池辺晋一郎。この人、若い頃は武満の弟子だったらしい。武満が書いた曲(3段くらいの五線譜)をオケ譜に書き出す仕事をしていたとのこと。武満の自宅で、池辺が徹夜でオケ譜を書いているのに、隣りの部屋から聴こえてくるのが、武満がピアノで弾くビートルズの曲。まあ、カチンときたらしい。
 でも、日ごろは親しくしていたらしく、ふたりでよく行ったのは、飲み屋とジャズ喫茶だったらしい。たまには人の話を聞きのも悪くない。
 
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1499-8aceda4b
Listed below are links to weblogs that reference
NHK音楽祭2016  NHK交響楽団 指揮:トゥガン・ソヒエフ (2016年10月31日NHKホール) from 一夜一話

Home > クラシック音楽 > NHK音楽祭2016  NHK交響楽団 指揮:トゥガン・ソヒエフ (2016年10月31日NHKホール)

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top