Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 イントレランス

映画 イントレランス

監督:D.W.グリフィス|1916|アメリカ|サイレント映画|73分

イントレ私なんかが言うまでもなく「映画の父」と呼ばれるグリフィスが作った歴史的な映画です。城壁に攻め寄る無数の兵士達、城壁の上から攻撃するこれまた無数の兵士達、うじゃうじゃアリンコのようなエキストラの人数、巨大なセット、いま観ても凄い。 
1634年以来、ドイツのオーバーアマガウ村で10年ごとに公演する村人による民衆劇(キリスト受難劇)がある。今年は公演の年でテレビでも何回か取り上げられていた。村民の2分の1にあたる2500人が野外劇場の巨大な舞台上で、楽屋裏で活躍する。確かロバ、ひつじも登場していたような。この民衆劇が映画「イントレランス」の背景のどこかにあるのかもしれないと勝手に思う。
今年7月に東京国立近代美術館フィルムセンターで「イントレランス・日本公開版、日本語字幕なし」というのを観た。異なる時代の4つの物語が同時進行する構成を難解と感じて日本公開当時に時系列に物語を並べる編集をしたそうで、これを日本公開版と言うらしい。しかし私には日本公開版でも難しかった。
その日本での公開は映画製作3年後の1919年大正8年。高額な入場料でも大当たりだったとのこと。

目玉このころの日本の映画は、例えば牧野省三=尾上松之助の「目玉の松ちゃん」1秒8コマのバッタが踊るような映像が10年1日のごとく上映され人々に大いに受けていたらしい。割り算すると3、4日に一本の割りでの大量生産。映画に美や芸術を求めはじめていた進歩的?映画ファンは「目玉の松ちゃん」はバカバカしい映画と鼻であしらった。
【ところで、その1】
「イントレランス」は活弁付きだったのだろうか? もしそうだったら、どんなかね?
【ところで、その2】
「風の谷のナウシカ」の漫画は、小さな1コマに多数の兵士たちが緻密に描きこまれていた。アニメ化の話を聞いた当時、大きな画面だから雄大にもっと無数の兵士たちが描き込まれるのか、これは凄いぞ!と思った。つまり「イントレランス」みたいになるのかと。



海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・国別ソート・リストは、こちらから

日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督ソート・リストは、こちらから

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 1

フオホチ、ヌヘキ、ル、?「・タ・?ネ・イ。シ・爨?メイ? URL 2011-06-29 Wed 19:53:58

Q!%B#@/v, www.ex-navi.biz, フオホチ、ヌヘキ、ル、?「・タ・?ネ・イ。シ・爨?メイ? http://www.ex-navi.biz/?page_id=289

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/150-98626267
Listed below are links to weblogs that reference
映画 イントレランス from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 イントレランス

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top