Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「ハワイアン・ドリーム」   監督:川島透

映画 「ハワイアン・ドリーム」   監督:川島透

上
ボコボコのキャデラックに乗る、山際(ジョニー大倉)、川添(時任三郎)

 いや~、大した映画じゃないんですが・・・。
 全編、ハワイ(ホノルル)ロケのせいか、出演者がのびのびしている。いや、観る方の気が、easygoingになってくる、そんな映画。
 挿入の音楽も、あれこれ懐かしく、気分を楽しくしてくれる。(曲目は下記) しかし、この選曲、どういうチョイスなんでしょう。

0 お話の方は、ハワイに不法入国している、川添(時任三郎)と、山際(ジョニー大倉)が巻き起こす事件。
 二人は、日系アメリカ人を装って、観光客にマリファナと偽って、変なもの(ウーロン茶の茶カス)を路上で売っている。

 山際の彼女は日系アメリカ人で、レイコ・ケイン(桃井かおり)といい、ラジオのディスクジョッキーと、バーを営んでいる。川添の彼女も日系女性で、カレン・サイトウ(タムリン・トミタ)といって、ニューヨークに行ってダンスで成功したい希望を抱いている。
 レイコ・ケインの店には、ショーキチ・島村(殿山泰司)やケンジ・大原(多々良純)が、いつもタムロしている。

 ある事が元で、ピアス警部に目をつけられた川添と山際は、警部に不法入国の弱みを握られ、モランという男の逮捕について、警察に協力せざるを得ない羽目になる。
 モランというイタリア系アメリカ人は、10年前にハワイに現れ、ハワイの裏社会で一大勢力を築いたボス。
 ピアス警部は何とかモランを逮捕したいが、これまで、警察にシッポをつかませない。そこで警部は、モランがシッポを出すように仕向けることを、川添と山際に協力要請した。

 だが、なにしろ相手は大ボスだし、アメリカの巨大タバコ会社の陰謀も絡んでいる。
 さて、川添と山際はどういう作戦でモランのシッポをつかもうとするのでしょうか・・・。
 カーアクションもあります。ラブシーンもあります。殿山泰司も可笑しいです。
 たまには、こんな映画も、どうでしょうか。

<挿入歌> 
夢の続き:竹内まりや(主題歌)|Do Wah Diddy Diddy|Do You Wanna Dance|Mr. Moonlight|Be My Baby|Super Board|Oh, Pretty Woman|Sukiyaki:坂本九|AMAPOLA:山下達郎|After Glow:カシオペア|MACHINE GUN HEART:PINK|Somebody To Love|DISCO KING:B&J's|Hawaii, I Love You|Girl's in Love With Me:芳野藤丸|(For You) I'd Chase A Rainbow:カラパナ|JULIETTE:カラパナ|Traumatic:竹中正義An Old Fashioned Love SongPipe Line|Just a Love Song:村田和人|それ以外の曲:加藤和彦|


監督・脚本:川島透|1987年|東宝|111分|
撮影 前田米造|音楽 加藤和彦 、 朝妻一郎|
出演:川添達彦(時任三郎)|山際翔史(ジョニー大倉)|レイコ・ケイン(桃井かおり)|カレン・サイトウ(タムリン・トミタ)|ショーキチ・島村(殿山泰司)|ケンジ・大原(多々良純)|ヒューバート・ロレンス(ディーン・ターナー)|ハリー・ゴールドマン(ジム・デマレスト)|ピアス警部(G・W・ベイリー)|ルディ・モラン(ビンセント・バケッタ)|


【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。   直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)

洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              

 




関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1525-3891231f
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「ハワイアン・ドリーム」   監督:川島透 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「ハワイアン・ドリーム」   監督:川島透

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top