Home > 映画 > 2年前・4年前・6年前の2月、一夜一話。 (2015年2月・2013年2月・2011年2月の掲載記事)

2年前・4年前・6年前の2月、一夜一話。 (2015年2月・2013年2月・2011年2月の掲載記事)

  • Posted by: やまなか
  • 2017-02-27 Mon 06:00:00
  • 映画
2年前の2月に掲載した映画です。
  映画の画像をクリックしてお読みください。
  2年前の2月の掲載記事全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。  <2015年2月 Archive

写真
「鬼火」
監督:望月六郎
原田芳雄,片岡礼子,哀川翔
写真
「偽れる盛装」
監督:吉村公三郎
京マチ子
写真
「花ちりぬ」
監督:石田民三
花井蘭子,三條利喜枝
写真
「OPEN HOUSE」
監督:行定勲
椎名英姫,南果歩
写真
「やわらかい生活」
監督:廣木隆一
寺島しのぶ,豊川悦司

写真
「薄氷の殺人」
監督:ディアオ・イーナン
中国
写真
「二重生活」
監督:ロウ・イエ
中国
写真
「非情の罠」
監督:スタンリー・キューブリック
アメリカ
写真
「メトロマニラ」
監督:ショーン・エリス
イギリス・フィリピン
写真
「キング・コング」(1933年)
監督:M・C・クーパー 、 A・B・シューザック
アメリカ


4年前の2月に掲載した映画です。
  映画の画像をクリックしてお読みください。
  4年前の2月の掲載記事全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。  <2013年2月 Archive

写真
「神様のカルテ」
監督:深川栄洋
櫻井翔、宮崎あおい
写真
「USB」
監督:奥秀太郎
渡辺一志,桃井かおり
写真
「のど自慢」
監督:井筒和幸
室井滋
写真
「こまどり姉妹がやって来る
    ヤァ!ヤァ!ヤァ!」

監督:片岡英子
写真
「暁の合唱」
監督:枝川弘
香川京子
写真
「空の穴」
監督:熊切和嘉
寺島進,菊地百合子
写真
「ゴジラ」
監督:本多猪四郎
河内桃子,志村喬,宝田明

写真
「冬冬の夏休み」
監督:ホウ・シャオシェン
台湾
写真
「別離」
監督:アスガー・ファルハディ
イラン
写真
「アルジェの戦い」
監督:ジロ・ポンテコルヴォ
イタリア
写真
「翼よ!あれが巴里の灯だ」
監督:ビリー・ワイルダー
アメリカ
写真
「ル・アーヴルの靴みがき」
監督:アキ・カウリスマキ
フィンランド


6年前の2月に掲載した映画です。
  映画の画像をクリックしてお読みください。
  6年前の2月の掲載記事全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。  <2011年2月 Archive
1天国の駅     2顔     3四万温泉旅館
天国の駅」         「」             四万温泉旅館 積善館(群馬県)
 監督:出目昌伸        監督:阪本順治              に行ってきた。
 吉永小百合          藤山直美

4ルアンの歌     5-0そして、私たちは愛に帰る     6牯嶺街少年殺人事件
ルアンの歌」        「そして、私たちは愛に帰る」 「牯嶺街少年殺人事件
 監督:ワン・シャオシュアイ  監督:ファティ・アキン    監督:エドワード・ヤン
 中国             ドイツ            台湾

7_20170224164548092.jpg     7-0ダック・シーズン     8クレールの刺繍
ソウル・キッチン」     「ダック・シーズン」      「クレールの刺繍
 監督:ファティ・アキン   監督:フェルナンド・エインビッケ 監督:エレオノール・フォーシェ
 ドイツ           メキシコ             フランス


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1565-257357ae
Listed below are links to weblogs that reference
2年前・4年前・6年前の2月、一夜一話。 (2015年2月・2013年2月・2011年2月の掲載記事) from 一夜一話

Home > 映画 > 2年前・4年前・6年前の2月、一夜一話。 (2015年2月・2013年2月・2011年2月の掲載記事)

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めてはや9年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top