Home > 映画 > <さ行> の洋画  これまでに記事にした映画から。 2017.3.19 現在

<さ行> の洋画  これまでに記事にした映画から。 2017.3.19 現在

  • Posted by: やまなか
  • 2017-03-27 Mon 06:00:00
  • 映画
 これまでに記事にした洋画から、<さ行> の映画を並べてみました。

 下記リストにあるタイトル名をクリックして、その映画記事をご覧ください。
 五十音順に並べています。
 
 <さ行>以外の洋画は、こちらからどうぞ。 (洋画の五十音順リストです)

 製作国別の全リストは、こちらから
   
サーカスインド監督:G・アラヴィンダン1978
ザーヤンデルードの夜イラン監督:モフセン・マフマルバフ1990
最愛の子中国監督:ピーター・チャン2014
最愛の夏台湾監督:チャン・ツォーチ1999
再会の食卓中国監督:ワン・チュアンアン2010
The Collectorマレーシア監督:ジェームス・リー2012
さすらいドイツ監督:ヴィム・ヴェンダース1975
さすらいイタリア監督:ミケランジェロ・アントニオーニ1957
さすらいの女神(ディーバ)たちフランス監督:マチュー・アマルリック2010
SUCK サックカナダ監督:ロブ・ステファニューク2009
殺人に関する短いフィルムポーランド監督:クシシュトフ・キェシロフスキ1987
殺人の追憶韓国監督:ポン・ジュノ2003
サニー 永遠の仲間たち韓国監督:カン・ヒョンチョル2011
THE NET 網に囚われた男韓国監督:キム・ギドク2016
ザ・フューチャードイツ監督:ミランダ・ジュライ2011
さよならSフランス監督:エリック・ゾンカ1998
さよなら、人類スウェーデン監督:ロイ・アンダーソン2014
サラ・ムーンのミシシッピー・ワンフランス監督:サラ・ムーン1991
懺悔 (ざんげ)グルジア (ジョージア)監督:テンギズ・アブラゼ 1984
サン・ジャックへの道フランス監督:コリーヌ・セロー 2005
サンタクロースの眼は青いフランス監督:ジャン・ユスターシュ1963
365日のシンプルライフフィンランド監督:ペトリ・ルーッカイネン2013
散歩する惑星スウェーデン監督:ロイ・アンダーソン2000
森浦(サンポ)への道韓国監督:イ・マニ1975
三文オペラドイツ監督:ゲオルク・ヴィルヘルム・パープスト1931
幸せのありかポーランド監督:マチェイ・ピェプシツァ2013
幸せのレシピ (マーサの幸せレシピに併載)アメリカ監督:スコット・ヒックス2007
ジェリーフィッシュイスラエル監督:エトガー・ケレット、シーラ・ゲフェン2007
シクロベトナム監督:トラン・アン・ユン1995
死刑台のエレベーターフランス監督:ルイ・マル1957
シチリア!シチリア!イタリア監督:ジュゼッペ・トルナトーレ2009
シテール島への船出ギリシャ監督:テオ・アンゲロプロス1984
死の教室ポーランド監督:アンジェイ・ワイダ1976
ジプシーのときユーゴスラビア(旧)監督:エミール・クストリッツァ1989
Jazz Seen/カメラが聴いたジャズドイツ監督:ジュリアン・ベネディクト2001
シャロウ・グレイブイギリス監督:ダニー・ボイル1994
ジャンク・メールノルウェー監督:ポール・シュネットアウネ1996
17歳のカルテアメリカ監督:ジェームズ・マンゴールド2000
自由はパラダイスロシア監督:セルゲイ・ボドロフ1989
100,000年後の安全デンマーク監督:マイケル・マドセン2009
祝祭韓国監督:イム・グォンテク1996
出発ベルギー監督:イエジー・スコリモフスキ1967
シュトロツェクの不思議な旅ドイツ監督:ヴェルナー・ヘルツォーク1977
ジュリー&ジュリアアメリカ監督:ノーラ・エフロン 2009
情事イタリア監督:ミケランジェロ・アントニオーニ1960
消失点タイ監督:ジャッカワーン・ニンタムロン2015
少女の髪どめイラン監督:マジッド・マジディ2001
情熱のピアニズムフランス監督:マイケル・ラドフォード2011
少年、機関車に乗るタジキスタン監督:バフティヤル・フドイナザーロフ1991
少年と砂漠のカフェイラン監督:アボルファズル・ジャリリ2001
小便小僧の恋物語ベルギー監督:フランク・ヴァン・パッセル1996
常緑樹韓国監督:シン・サンオク1961
ショーシャンクの空にアメリカ監督:フランク・ダラボン1994
白い光の闇スリランカ監督:ヴィムクティ・ジャヤスンダラ2015
二郎は鮨の夢を見るアメリカ監督:デビッド・ゲルブ2011
仁義フランス監督:ジャン=ピエール・メルヴィル1970
神水の中のナイフ中国監督:ワン・シュエボー2016
人生、ここにあり!イタリア監督:ジュリオ・マンフレドニア2008
人生スイッチアルゼンチン監督:ダミアン・ジフロン2014
人生タクシー (旧題:タクシー)イラン監督:ジャファル・パナヒ2015
新世界の夜明けマレーシア監督:リム・カーワイ2011
新装開店韓国監督:キム・ソンホン 1999
シンプル・シモンスウェーデン監督:アンドレアス・エーマン2010
スイート・スイート・ビレッジチェコスロバキア監督:イジー・メンツェル1985
酔生夢死台湾監督:チャン・ツォーチ2015
SWEET SIXTEENイギリス監督:ケン・ローチ2002
スウィート・スウィートバックアメリカ監督:メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ1971
スーパー!アメリカ監督:ジェームズ・ガン2010
スーパーフライアメリカ監督:ゴードン・パークス・ジュニア1972
スカイラブフランス監督:ジュリー・デルピー2011
スクリーミング・マッド・ジョージの BOY IN THE BOXアメリカ監督:スクリーミング・マッド・ジョージ2005
スタンリーのお弁当箱インド監督:アモール・グプテ2011
素敵な歌と舟はゆくフランス監督:オタール・イオセリアーニ 1999
ストラッターアメリカ監督:カート・ボス、アリソン・アンダース2012
ストレンジャー・ザン・パラダイスアメリカ監督:ジム・ジャームッシュ1984
スナッチイギリス監督:ガイ・リッチー2000
スライ・ストーンオランダ監督:ウィレム・アルケマ2015
スリフランス監督:ロベール・ブレッソン1960
世紀の光タイ監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン2006
聖者の午後ブラジル監督:フランシスコ・ガルシア2012
青春神話台湾監督:ツァイ・ミンリャン1992
精霊の島アイスランド監督:フレドリック・トール・フリドリクソン1996
世界中国監督:ジャ・ジャンクー2004
セカンド・サークルロシア監督:アレクサンドル・ソクーロフ1990
石炭、金中国監督:ワン・ビン2009
セッションアメリカ監督:デイミアン・チャゼル2014
セリーヌとジュリーは舟でゆくフランス監督:ジャック・リヴェット1974
ゼロシティロシア監督:カレン・シャフナザーロフ1990
潜水服は蝶の夢を見るフランス監督:ジュリアン・シュナーベル 2007
戦争のない20日間ロシア監督:アレクセイ・ゲルマン1976
セントラル・ステーションブラジル監督:ウォルター・サレス1998
ソウルガールズオーストラリア監督:ウェイン・ブレア2012
ソウル・キッチンドイツ監督:ファティ・アキン2009
ソウルメンアメリカ監督:マルコム・D・リー2008
そして、私たちは愛に帰るドイツ監督:ファティ・アキン 2007
その怪物韓国監督:ファン・イノ2014
ソフィアの夜明けブルガリア監督:カメン・カレフ2009
ソポトへの旅グルジア監督:ナナ・ジョルジャーゼ1980
素粒子ドイツ監督:オスカー・ロエラー2006
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1576-f7e7dc4b
Listed below are links to weblogs that reference
<さ行> の洋画  これまでに記事にした映画から。 2017.3.19 現在 from 一夜一話

Home > 映画 > <さ行> の洋画  これまでに記事にした映画から。 2017.3.19 現在

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top