Home > 一話 > 琵琶湖へ行ってきた。 近江八幡、安土

琵琶湖へ行ってきた。 近江八幡、安土

  • Posted by: やまなか
  • 2017-06-14 Wed 06:00:00
  • 一話
 京都へ行ったついでに、琵琶湖東岸の近江八幡へ行った。
 水郷めぐり、秀吉の甥・豊臣秀次の八幡山城跡、近江商人の城下町、そして織田信長の安土城跡。

安土城2
水郷めぐり
琵琶湖の内湖、西の湖を中心とした水郷
 京都駅0番線ホームからJR琵琶湖線で30分ほど、まもなく近江八幡駅に到着。
 さっそく、水郷めぐりの船着き場へ。
 船頭が櫓(ろ)を漕ぐ手こぎの舟。売り文句は「日本一おそい乗物 手こぎの舟 水郷めぐり」

 7人の客を乗せ、ゆらゆらと左右に揺られて舟は出た。
 水郷の中は、江戸時代にでもタイムスリップしたかのように、本当に静か。
 風が少し強い。舟は少々流される。
 しきりに鳴くヨシキリの声と、ヨシ(葦、芦、アシ)の葉擦れの音、それだけしか聞こえない。原始の日本の風景を楽しめる。
 あれが、織田信長がつくった安土城の跡(安土山)だという。意外に低い。

 一時間で船着き場に戻った。
 水郷は静かな内湖だ。エンジン船の水郷めぐりもあるが、スピードを楽しむなら琵琶湖か海の方がいいでしょう。

 近江八幡の水郷とは:https://ja.wikipedia.org/wiki/近江八幡の水郷


1-0_20170609165526380.jpg
八幡山城と城下町
秀吉の甥・豊臣秀次の八幡山城跡、近江商人の城下町
 船着き場から民家の間の路地をたどって、千年の歴史ある日牟禮八幡宮へ。
 それからロープウェイで一気に山頂へ。(標高283m) 

 城跡から見る琵琶湖と、対岸の比良山地の山並が雄大でとてもいい!スケールの大きな景色だ。
 琵琶湖は古代湖だ。それは、河川からの土砂で埋まらずに、およそ10万年以上存続している湖。古代湖は世界中で20ヶ所ほどでしか確認されてないらしい。

 下山し、次は城下町を歩く。城と城下町の防御であり運河と港でもあった八幡堀は、琵琶湖につながっている。
 この町は、信長の死後、安土城の城下から町人を移住させて始まった。
 そしてここは、近江商人の発祥の地でもある。町並み保存がなされていて、大きな町人屋敷が今もある。

 ちなみに八幡山は新幹線から見えます。※下記

 八幡山城とは:https://ja.wikipedia.org/wiki/八幡山城

 日牟禮八幡宮とは:https://ja.wikipedia.org/wiki/日牟禮八幡宮

安土山から比叡山(左上の奥)を見る。
01-.jpg
安土城跡
困ったもんだの安土城

 JR近江八幡駅の隣りが安土駅。
 駅から城跡までは徒歩30分。レンタサイクルもあるが歩きをすすめる。道は平坦。
 駅から線路沿いに進み、そして集落を抜けて行くと、急に一面田んぼ、広々とした田園風景が眼前にひろがる。
 その風景の中の農道を、前に見える安土山(標高199m)へ向かって歩くこと15分。

 ヒバリがあちこちで鳴く。サギが田に降りている。吹く風が気持ち良い。誰もいない。「ぴーひょろひょろー」とトンビも鳴く。
 突然、汽車の汽笛。JR琵琶湖線を蒸気機関車が電気機関車に牽引されて、広い田園風景をのんびり横切って行った。

 現世のあれやこれやをちょっと忘れかけた頃、安土山の登り口に着く。
 この城の工事は1576年に始まった。そんなことを思いながら大手道の石段を登る。登り始めてすぐ、右手に伝・前田利家邸跡そして今度は左に伝・秀吉邸跡、も少し登って伝・家康邸跡。

 先に注意が必要だが、ここは山にある遺跡であって、整備された史跡公園ではない。
 大手道の石段は、少し加工した程度の自然石を左右一列に並べ、段にしているだけ。段差は40センチはある。手すりは無い。大手道を過ぎて本丸目指す道は舗装されない山道だ。

 頂上の天主跡を見て、少し下ると摠見寺跡に出る。ここからの眺めが良い。
 手前に水郷、向こうに八幡山そしてその後ろに比叡山。比叡山の向こうは亰都だ。思えば、これを見たい旅だった。(右上の写真)

 摠見寺跡からの下り道は、すごい急な石段。
 ここで私は転倒し、足をひどく捻挫し足小指を骨折した。
 城跡入り口でもらったパンフレットに、こう書いてある。
 「注意事項の4:石段は急で危険な箇所であっても安全策を施すことができません。史跡内は各自、自己責任で御入山ください。」

 そして、もうひとつ。
 「注意事項の1:山中にトイレはございません。必ずご出発前にお済ませください。」

 城跡のあちこちを巡るコースは一時間弱かかるのに、安土山にはトイレが無いのだ。
 「安全策を施すことができません」という事も含めて、山全体が遺跡だからか?
 じゃ、ご出発前に用を足すトイレが、城跡入り口付近にあるかと言えば、無い
 ただし、市営の有料トイレがある。 

下3 それは、近江八幡市総合政策部文化観光課が運営する、城跡ガイダンス施設。(右写真)
 この施設は入館料200円(小中学生100円)をとるのだ。
 要するに、トイレをしたい人は、「入館料を払ってトイレをする。」
 それも、開館9時以降しか利用できない。

 私の目前で、2人の子を連れた若いお母さんが、入館料を払ってトイレに入って行った。そして「トイレに入るのに、なんでお金とるの?」という子供の声が、トイレに張り巡らしたよしず越しに聞こえて来る。 まったくその通り! 
 トイレに張り巡らしたよしず、とは、右写真の城跡ガイダンス施設の茶色い所、よしずの囲い。なぜトイレの存在を隠すのか?
 写真で確認できるとおり、トイレは、通りに面している。どう見ても、構造上、もともとトイレは無料公開される設計である。

 安土山山中にトイレが無い件は、城跡入り口の看板にも注意書きがあり、そこには加えて、こう書いてあった。
 「尚、トイレのあるガイダンス(施設)は、当山とは無関係である事をご承知おき下さい。」 
 なるほど、安土城跡の安土山全域は摠見寺という寺の私有地なのだ。
 よって寺は、私有地外の事は知らぬ存ぜぬという構え、有料トイレについて当方に聞くな、という突き放した態度。 

 ようこそ観光地へ、というおもてなしの概念が、ここ織田信長の城跡には、無い。
 足を痛めた私はタクシーで駅まで。その運転手の話によると、摠見寺と近江八幡市は、トイレや駐車場をめぐって、長年に渡って何やらいがみ合っているらしい。
 それにしてもだ、近江八幡市はなぜ、トイレを有料にするのだろうか!

 今に伝わる近江商人の心得、「三方よし」。
 「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」。売り手と買い手がともに満足し、また社会貢献もできるのがよい商売であるということ。
 ああそうか、坊主も役人も、商人じゃない、か。

 安土城とは:https://ja.wikipedia.org/wiki/安土城


イオン0 八幡山は新幹線から見えます。
 米原→京都間で米原を出てまもなく、進行方向右手(座席のE席側)に、「観音寺城跡」という看板が小山のふもとに見える。
 およそ、この小山の向こう側に、安土城がある。
 そしてさらにしばらく、この辺り特有の小山をいくつか見て、次に視界が拡がり土地が平らな所の、ずっと向こうに、小さくイオン の赤い看板(AEON)が見えたなら、そのイオンのうしろ左手が八幡山。
 ← 写真はクリックすると拡大します。







関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1607-f2bd40b7
Listed below are links to weblogs that reference
琵琶湖へ行ってきた。 近江八幡、安土 from 一夜一話

Home > 一話 > 琵琶湖へ行ってきた。 近江八幡、安土

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top