Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「ブーベの恋人」  監督:ルイジ・コメンチーニ

映画 「ブーベの恋人」  監督:ルイジ・コメンチーニ

上

 マーラ役の女優クラウディア・カルディナーレ当時25歳を愛でる映画です。

 時は第二次世界大戦末期、舞台はイタリア北部。
 当時、イタリア北部はナチスドイツの占領下にあって、ナチスドイツは、ムッソリーニが率いたファシズム体制の残党を傀儡にし、共和国を建国していた。
 お話は、これに抵抗するパルチザン(レジスタンス)の父と兄を持つ娘マーラと、そしてその二人を知る、やはりパルチザンの男ブーベ(ジョージ・チャキリス)との恋物語。

1-0_201706231114141a2.png 出会いは、1944年のある日、ブーベがマーラの父親を訪ねて来たことに始まる。
 ふたりは互いに、会ったその時から意識し合うことになる。
 しかしブーベは、イタリア人ファシストである憲兵とその息子を殺害し逃走中の身であった。
 片やマーラは普通の田舎の娘であった。父親や兄が彼女にパルチザンについて語ることもなく、彼女にはブーベの活動は遠い世界であった。

 その後、時を置いてブーベはマーラを訪ね、幾度かの短い逢瀬があり、そしていつしか、二人は行動を共にすることになる。身を隠しての日々であった。
 しかし、ブーベに危機が迫り、パルチザン幹部の計らいで彼は単身、国外に逃れることとなった。
 
 1945年、イタリア北部がパルチザン勢力によって奪還される。
 そののち、しばらくしてブーベが帰国。時代はもう、レジスタンス闘争の時を終え、イタリア全土は共和制の時代になっていた。
 ブーベは今や、ファシスト体制下で反体制分子として追われる身ではなく、殺人犯として裁判にかけられることになった。

 映画ラスト近く。マーラは列車に乗って、ブーベのいる刑務所へ面会に向かおうとしている。彼が収監されて7年の月日が経つ。
 出所までは、この先さらに7年。マーラはひたすらブーベの出所を待っている。

 時代背景。
 ムッソリーニ率いるファシズム政権崩壊の1943年以降、イタリア北部は、ナチスドイツとファシズム体制時の残党(傀儡)の支配下となり、一方、連合軍が侵攻したイタリア南部は、連合軍と国王政府との支配地域となって、イタリアは大きく二分されてしまう。
 この時から、北部各地でレジスタンス運動が起こり、ドイツ軍およびイタリア人ファシストを相手に、パルチザン勢力による国土解放に向けた戦いの時代に突入することになった。
 そして1945年4月にようやく北部地域の解放を果たし、イタリアは同年12月に共和制の時代になった。

 ブーベの苦難。
 北部が解放されてのち、ファシスト体制下で罪人となった人々に恩赦が出た。しかし、ブーベの帰国はそのあとであったために恩赦を受けることは出来なかった。ブーベはパルチザン幹部の命令に従ったために恩赦のチャンスを逃してしまった。

 マーラのふたつの愛。
 ブーベが国外逃亡した後、彼女はステファーノとの恋に落ちる。しかし、彼女は彼に「でも私はブーベの恋人よ、わかって。」と言いマーラを待つ身であることを告げた。そして、裁判時にマーラはブーベへの愛を、改めて強く感じたのであった。
 ブーベはマーラに言った。今までもこれからもお前が支えだ。もしお前がいなかったなら、俺は自殺していたかもしれない、と。


オリジナルタイトル;La Ragazza di Bube|
監督:ルイジ・コメンチーニ|イタリア・フランス|1963年|112分|
原作:カルロ・カッソーラ|脚色:ルイジ・コメンチーニ 、 マルチェロ・フォンダート|
撮影:ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ|
出演:マーラ(クラウディア・カルディナーレ)|ブーベ(ジョージ・チャキリス)|マーラの彼氏ステファーノ(マルク・ミシェル)|リリアーナ(ダニー・パリス)|イネス(モニク・ヴィータ)|マーラの母(カルラ・カーロ)|マーラの父(エミリオ・エスポジート)|

下

【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。   直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽   


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1614-747f808a
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「ブーベの恋人」  監督:ルイジ・コメンチーニ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「ブーベの恋人」  監督:ルイジ・コメンチーニ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top