Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「雁」(がん) 1953年 主演:高峰秀子 監督:豊田四郎

映画「雁」(がん) 1953年 主演:高峰秀子 監督:豊田四郎

上





0_201712031104205da.jpg















 明治13年(1880年)ころのお話です。
 明治になったとは言え、人々の心は、まだまだ江戸時代のままだったでしょう。そんなことを念頭に観てみましょう。
 舞台は、下谷練塀町(秋葉原駅周辺)と、上野不忍池あたり。

 練塀町の裏店(裏通りの貧乏長屋)に住む父娘、名は老父の善吉と、その一人娘のお玉(高峰秀子)。
 老父は飴細工をして売り歩く飴屋だが、もう歳で商売ができないようでした。また、お玉に稼ぎはなかった。

 高利貸しの末造(東野英治郎)は、ちょいと金が貯まって妾が欲しい。そこで、おさん(飯田蝶子)という女が動いて、未造にお玉を勧めた。この話がうまくいけば、おさんは未造からの借金が帳消しになるのだった。
 おさんは出戻りのお玉に言った、これで父親も楽ができるんだよ。また、おさんは未造のことを呉服屋の旦那だと言って嘘をつき、事をすんなりすすめようとした。

 未造がお玉のために用意した小さな妾宅 は、不忍池の池端から坂を登ったその道沿いにあった。
 未造は家に妻子を置いて、妾宅に頻繁に通った。だが、浮気はばれる。人の口に戸は立てられぬ。
 早くも未造の妻(浦辺粂子)は、お玉という女と、この妾宅の場所を密かに突き止めていた。お玉は未造の妻の影に怯えた。
 
 妾にならざるを得なかったお玉だったが、まだ二十歳を過ぎたかくらいの若さ。
 ある日、妾宅の前を行く東大生の岡田(芥川比呂志)に、お玉は恋心を抱くようになる。岡田の方もまんざらでもない。
 しかし、これは悲恋に終わるのであった。


 観終えて思うのは、高峰秀子の演技が妙に硬い。どうしたんだろう。
 それに演出手法が古典的。例えば、同監督の「泣虫小僧」は1938年製作だが、そんな古さはないのに。(「泣虫小僧」の記事は下線部をクリックしてご覧ください)

監督:豊田四郎|1953年|104分|
原作:森鴎外|脚色:成澤昌茂|撮影:三浦光雄|
出演:お玉(高峰秀子)|その父親・善吉(田中栄三)|高利貸しの末造(東野英治郎)|その妻・お常(浦辺粂子)|岡田(芥川比呂志)|木村(宇野重吉)|お玉の住む妾宅の隣家に住む和裁のお師匠・お貞(三宅邦子)|ほか

【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら

直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽   

【 豊田四郎監督の映画 】

 これまでに記事にした作品です。(画像をクリックしてお読みください)


写真
「泣虫小僧」
写真
「夫婦善哉」
写真
「猫と庄造と二人のをんな」
写真
「雪国」
写真
「珍品堂主人」
写真
「新・夫婦善哉」
写真
「台所太平記」
写真
「波影」


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1688-e93f0ff6
Listed below are links to weblogs that reference
映画「雁」(がん) 1953年 主演:高峰秀子 監督:豊田四郎 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「雁」(がん) 1953年 主演:高峰秀子 監督:豊田四郎

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めてはや9年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top