Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「スペースボール」 監督:メル・ブルックス

映画「スペースボール」 監督:メル・ブルックス

写真

写真








写真

1-0_20180131203116a7c.jpg 「スター・ウォーズ」のパロディ版です。
 とことん、おバカなSFコメディ。気分転換したい時にでもご覧ください。
 なにしろ徹底的に「スター・ウォーズ」をおちょくってます。さらにラスト近くで「エイリアン」も出てきます。

 ウィキペディアによると、パロディ版を作るにあたってジョージ・ルーカスが快諾したとのこと。だから、躊躇なく正面切って堂々と製作していて、それが本作をいい映画にしています。笑えます。

 話は、スペースボール星人が自身の星の大気を使い果たし、ドルイデア星から大気を奪おうとする。
 スペースボール星のスクルーブ大統領(メル・ブルックス監督)と、チビのダーク・ヘルメット(リック・モラニス)は、ドルイデア星の王女・ヴェスパ姫を拉致して、ヴェスパ姫の父親・ローランド王を脅し、大気を覆い囲むバリアを解除する「暗証番号」を聞き出そうとする。
2-0_20180131203252b79.jpg ローランド王から、100万宇宙ドルの賞金を出すから姫を取り返してくれと頼まれたローン・スターとバーフは、スペースボール星人と戦うのである。
 さらには、聖者ヨーグルト(メル・ブルックス監督が二役)は、ローン・スターに力シュワルツの力(フォース)を授ける。そしてローン・スターは、ダーク・ヘルメットとライトセイバーもどきで一戦を交える。
 さてさて、このあとは、観てのお楽しみ。
オリジナルタイトル:Spaceballs
監督:メル・ブルックス|アメリカ|1987年|96分|
脚本:メル・ブルックス、 トーマス・ミーハン 、ロニー・グラハム|
撮影:ニック・マクリーン|
出演:イーグル5号の船長ローン・スター(ビル・プルマン)|ローン・スターとタグを組む乗組員、人間と犬のミックスのバーフ(ジョン・キャンディ)|ドルイデア星のヴェスパ姫(ダフネ・ズニーガ)|スペースボール星のスクルーブ大統領/聖者ヨーグルト(メル・ブルックス)|ダーク・ヘルメット(リック・モラニス)|ヴェスパ姫の父親・ローランド王(ディック・バン・パテン)|ヴェスパ姫の結婚相手・アクビ王子(ジム・J・ブロック)|ヴェスパ姫の召使ロボットのドット(ロレーン・ヤーネル)|

【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら

直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)

洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

6_20180131204526e48.jpg邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽   










関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1712-32636388
Listed below are links to weblogs that reference
映画「スペースボール」 監督:メル・ブルックス from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「スペースボール」 監督:メル・ブルックス

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top