Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「ウェイクアップ!ネッド」 監督:カーク・ジョーンズ

映画「ウェイクアップ!ネッド」 監督:カーク・ジョーンズ

上

1-0_20180219205348cf6.jpg これはイギリスの隣国アイルランドにある離島で起きた出来事。
 この小さな島の住人の誰かが一枚の宝くじを買い、なんと12億円を当てたのです。(約700万アイルランドポンド)

 こんな時、誰しも私が当てましたなんて言わないもの。島民は新聞記事で知りました。
 さあいったい誰が当てたのか。ジャッキーとマイケルはその誰かをつきとめようと行動に出ます。
 島で一軒の呑み屋に出かけたり、目星をつけた人々を自宅に招待してパーティを開き様子を見ましたが、それと思しき奴がいない。
 しかしパーティが終わってはたと気づいた。招待客の一人ネッドが来なかったのだ。奴は感づいたか。

 ジャッキーがネッドの家に行くと、ネッドは家のソファに座った姿で死んでいた。片手に宝くじを持って。ネッドは一人住まいなのです。
 ここでジャッキーは、マイケルをネッドに仕立てて、ネッドの賞金を横取りしようと考えます。

 宝くじの社員がヘリに乗って島を訪れます。
 島に着陸し用意された車で、その社員はネッドの家へ向かおうとしますが道が分からず海べりに出た。
 ちょうどこの時、ジャッキーとマイケルが海水浴をしていた。
 ジャッキーは道案内をしようと言い、その社員の車に乗りネッドの家へ。マイケルは着替える時間もなく慌てて裸でバイクにまたがりネッドの家へ。
 なんとか間に合って、マイケルは宝くじの社員に対しネッドを演じた。

2_20180219205648e4a.jpg そおしてジャッキーとマイケルは12億円を折半したかって? いやいや、それは観てのお楽しみ。
 ← ちなみに、映画冒頭のこのシーンに騙されないようにね。

オリジナルタイトル:Waking Ned Devine
監督・脚本:カーク・ジョーンズ|イギリス|1998年|92分|
撮影:ヘンリー・ブラーム|
出演:ジャッキー(イアン・バネン)|マイケル(デイビット・ケリー)|アニー(フィオヌラ・フラナガン)|ネッド(ジミー・キーオ)|リジー(エイリーン・ドロミー)|ほか

【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら

直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽   
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1720-9c71c8ca
Listed below are links to weblogs that reference
映画「ウェイクアップ!ネッド」 監督:カーク・ジョーンズ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「ウェイクアップ!ネッド」 監督:カーク・ジョーンズ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めてはや9年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top