FC2ブログ

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「未来世紀ブラジル」  監督:テリー・ギリアム

映画「未来世紀ブラジル」  監督:テリー・ギリアム

上

 SFコメディだが、とてもシリアス。
 未来のどこかの国の話。(映画製作年1985年)
 この国では、国民のあらゆる個人情報が日々徹底的に掌握・管理され、国民は全体主義的に支配されている。

1-0_20180414110246946.jpg これをつかさどるのが情報省。(話の舞台となる組織)
 省というからには行政機関の一つのようだが、テロ対策に対応できる武力(警察機能)と、闇の裁き(公正な法なき裁判機能)を持ち、よって一省庁でありながら国家権力として絶大な力を持っている。(司法府・立法府は映画に出てこない)

 話は、日々膨大に発生する、行政手続き遂行に全力を注ぐ「役人」だけで事は終始する。彼らの視野に、国民や公正なんてハナから無い。これがこの映画の怖さの主因。

 ある日、その膨大な行政手続きのひとつに書類記載ミス(人名の間違い)が発生した。これがこの物語の発端だった。
 このミスによって、無実の男がある日突然、テロ容疑者として情報省情報はく奪局にて拘束され、彼らの手による拷問の末、男は死亡。
 この検挙時費用を、情報省は男の妻に過大請求したため、後日、省は払い戻ししなければならなくなった。(これもミス)
 ここで登場するのが主人公サム。サムは払い戻しのために男の妻に会いに行くことになった。
 サムは情報省記録局の役人。(省内では情報はく奪局が出世コースで、記録局の人材は落ちこぼれらしい)

2-0_20180414110435870.jpg サムは出世を望まない男。時折見る夢の世界に浸っている。その夢は、美しき女性が登場し、サムは背に翼があり、悠然と空を飛ぶスーパーマン。サムは夢が覚めても、夢の女性に恋してる。

 その女性にそっくりな女(トラックドライバー)が、記録局の入口カウンターに来ていた。サムはこれを目撃する。
 この出会いがサムの平凡な人生を一変させることになった。
 その女は、人名間違いで殺された男の部屋の階上に住んでいて、事の次第を知る女であった。女は残された妻に代わり情報省記録局に書類手続きに来ていたのだった。
3-0_20180414110832b25.jpg
 一方、はく奪局は、省のミスのすべてを隠すため、この女の逮捕に踏み切った。
 これを知ったサムは、この女の身を心配し、役人の職を投げ出し彼女に近づき、そして一緒に逃走する。サムは勇敢であった。

 もうひとつ、サムの人生を変える出会いがあった。
 その男の名はタトル。これぞ、はく奪局がミスなく書類に記載すべき名であった当のテロ容疑者である。
 タトルの容疑行為は、ビルマンションの不法な配線配管修理。なぜ不法か? この国ではこのサービスは国が直接提供するサービスであるから。(この国では、パイプ、チューブ、ダクトによって家々は通信回線、電気ガス上下水道、空調のサービスを受けているが、情報省が日々掌握すべき個人情報を得続けるには通信回線を管理下に置いておかねばならない。しかしパイプ、チューブ、ダクトがどこも、ぐちゃぐちゃに入り組んでいて、どれが通信回線かすら不明な状態。だから配線配管修理は一括して国営なのかな)
 このタトルがサムの部屋の配線配管修理に現れたのである。
 くわえてタトルは、高層ビルからワイヤーを使って地上に滑り降りる、スーパーマンのように謎の男。

4-0_2018041411120562f.jpg 結局、サムは情報省はく奪局に逮捕され拷問を受ける。
 その最中、サムはタトル率いる一群が彼を救いに来る幻想をみる。
 そして、ついに精神を破壊されたサムは、幸せな夢を見る。それは彼がこれまで見てきた夢物語の、そのハッピーエンドだった。

 ちなみに、この映画の製作年1985年とは、一般的にはオフィスにパソコン(社内LAN)があるかないかの時代、それも16ビットのパソコンであった。世はインターネットやコンピュータによる高度情報化社会への憧れがあった時代。(同時に不安もあったが、ネット上の個人情報についての目立った見識はなかった)
 当時、そんな新しい時代感覚を反映した本作に驚きと斬新さ(アナログ感覚も含め)を覚えたが、今観るとさすがに、その辺はあまり意識に上がらず、情報省の人権無視の横暴さが、行政手続きの中で淡々と行われる怖さを感じます。



オリジナルタイトル:Brazil
監督:テリー・ギリアム|イギリス|1985年|142分|
脚本:テリー・ギリアム 、 トム・ストッパード 、 チャールズ・マッケオン|
撮影:ロジャー・プラット|
出演:サム・ローリー(ジョナサン・プライス)|ジル・レイトン(キム・グライスト)|アーチボルド・ハリー・タトル(ロバート・デ・ニーロ)|ミスター・カーツマン(イアン・ホルム)|アイダ・ローリー(キャサリン・ヘルモンド)|スプー(ボブ・ホスキンス)|ジャック・リント(マイケル・パリン)|ミスター・ウォーレン(イアン・リチャードソン)|ミスター・ヘルプマン(ピーター・ヴォーン)|ドクター・ジャフェ(ジム・ブロードベント)|


下
【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら

直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)

洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す

洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)   書評 美術
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1739-3bc85d42
Listed below are links to weblogs that reference
映画「未来世紀ブラジル」  監督:テリー・ギリアム from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「未来世紀ブラジル」  監督:テリー・ギリアム

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めてはや9年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top