Home > 映画 > 2年前・4年前・6年前の4月、一夜一話。(2016年4月・2014年4月・2012年4月の掲載記事です)

2年前・4年前・6年前の4月、一夜一話。(2016年4月・2014年4月・2012年4月の掲載記事です)

  • Posted by: やまなか
  • 2018-04-30 Mon 06:00:00
  • 映画
2年前の4月に掲載した映画です。
映画の画像をクリックしてお読みください。
2年前の4月の掲載記事全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。 (2016年4月 Archive)

写真
「風と樹と空と」
監督:松尾昭典
吉永小百合、浜田光夫
写真
「女経」
監督:増村保造、市川崑、吉村公三郎
若尾文子、山本富士子、京マチ子
写真
「グッド・ストライプス」
監督:岨手由貴子
菊池亜希子、中島歩
写真
「熱海ブルース」
監督:ドナルド・リチー
ワダチエコ、スズキトモスケ

写真
「アメリ」
監督:ジャン=ピエール・ジュネ
フランス
写真
「光りの墓」
監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン
タイ
写真
「あの娘と自転車に乗って」
監督:アクタン・アリム・クバト
キルギス



4年前の4月に掲載した映画です。
映画の画像をクリックしてお読みください。
4年前の4月の掲載記事全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。 (2014年4月 Archive)

写真
「ナイン・ソウルズ」
監督:豊田利晃
原田芳雄、松田龍平
写真
「残菊物語」
監督:溝口健二
花柳章太郎、森赫子
写真
「世界はときどき美しい」
監督:御法川修
松田美由紀,片山瞳,市川実日子
写真
「2/デュオ」
監督:諏訪敦彦
柳愛里、西島秀俊
写真
「ゲンと不動明王」
監督:稲垣浩
千秋実,乙羽信子,笠智衆

写真
「はなしかわって」
監督:ハル・ハートリー
アメリカ
写真
「聖者の午後」
監督:フランシスコ・ガルシア
ブラジル
写真
「バックコーラスの歌姫たち」
ドキュメンタリー映画
アメリカ
写真
「反撥」
監督:ロマン・ポランスキー
イギリス
写真
「童年往事 時の流れ」
監督:ホウ・シャオシェン
台湾
写真
「二郎は鮨の夢を見る」
ドキュメンタリー映画
アメリカ
写真
「17歳のカルテ」
監督:ジェームズ・マンゴールド
アメリカ



6年前の4月に掲載した映画です。
映画の画像をクリックしてお読みください。
6年前の4月の掲載記事全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。<2012年4月 Archive>

写真
「にごりえ」
監督:今井正
淡島千景,丹阿弥谷津子,久我美子
写真
「くちづけ」
監督:増村保造
野添ひとみ、川口浩
写真
「二階の他人」
監督:山田洋次
葵京子、小坂一也

写真
「シテール島への船出」
監督:テオ・アンゲロプロス
ギリシャ
写真
「4:30」
監督:ロイストン・タン
シンガポール
写真
「ハリウッドホンコン」
監督:フルーツ・チャン
香港
写真
「ヒューゴの不思議な発明」
監督:マーティン・スコセッシ
アメリカ
写真
「水の中のナイフ」
監督:ロマン・ポランスキー
ポーランド
写真
「コントロール」
監督:アントン・コービン
イギリス
写真
「π(パイ)」
監督:ダーレン・アロノフスキー
アメリカ
写真
「行きずりの二人」
監督:クロード・ルルーシュ
フランス
写真
「百年の夢」
ドキュメンタリー映画
チェコスロバキア
写真
「メリエス’88 」
フランス国営映像研究所制作
フランス
写真
「ひかりのまち」
監督:マイケル・ウィンターボトム
イギリス




関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1744-9ebb3bd1
Listed below are links to weblogs that reference
2年前・4年前・6年前の4月、一夜一話。(2016年4月・2014年4月・2012年4月の掲載記事です) from 一夜一話

Home > 映画 > 2年前・4年前・6年前の4月、一夜一話。(2016年4月・2014年4月・2012年4月の掲載記事です)

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top