FC2ブログ

Home > 映画 > 1年前・3年前・5年前の5月、一夜一話。(2017年5月・2015年5月・2013年5月の掲載記事

1年前・3年前・5年前の5月、一夜一話。(2017年5月・2015年5月・2013年5月の掲載記事

  • Posted by: やまなか
  • 2018-05-18 Fri 06:00:00
  • 映画
1年前の5月に掲載した映画です。
  映画の画像をクリックしてお読みください。
  1年前の5月の掲載記事全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。<2017年5月 Archive>

写真
「憲兵とバラバラ死美人」
監督:並木鏡太郎
中山昭二、三重明子
写真
「君と歩こう」
監督:石井裕也
目黒真希、森岡龍

写真
「ションヤンの酒家」
監督:フォ・ジェンチイ
中国
写真
「ブルース・ブラザース」
監督:ジョン・ランディス
アメリカ
写真
「GO NOW」
監督:マイケル・ウィンターボトム
イギリス
写真
「マイ・ファニー・レディ」
監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
アメリカ
写真
「アナザー プラネット」
監督:マイク・ケイヒル
アメリカ
写真
「ゴモラ」
監督:マッテオ・ガローネ
イタリア

写真
美術展「写真家ソール・ライター展」
Bunkamuraザ・ミュージアム
写真
一夜一話の “今日はメンフィス・ソウルだよ。“
ソウル・チルドレン



3年前の5月に掲載した映画です。
  映画の画像をクリックしてお読みください。
  3年前の5月の掲載記事全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。(2015年5月 Archive)

写真
「空気の無くなる日」
監督:伊東寿恵男
深見泰三、花沢徳衛
写真
「てなもんや東海道」
監督:松林宗惠
藤田まこと、白木みのる
写真
「ペタル ダンス」
宮崎あおい,忽那汐里,安藤サクラ
石川寛
写真
「嵐」
監督:稲垣浩
笠智衆、雪村いづみ
写真
「花とアリス」
監督:岩井俊二
鈴木杏、蒼井優
写真
「共喰い」
監督:青山真治
田中裕子、菅田将暉

写真
「ナポレオン・ダイナマイト(バス男)
監督:ジャレッド・ヘス
アメリカ
写真
「大統領の料理人」
監督:クリスチャン・ヴァンサン
フランス
写真
「オズの魔法使」
監督:ヴィクター・フレミング
~映画音楽に魅せられて
写真
「ビートニク」
監督:チャック・ワークマン
ドキュメンタリー|アメリカ
写真
「ラ・ジュテ」
監督:クリス・マルケル
フランス



5年前の5月に掲載した映画です。
  映画の画像をクリックしてお読みください。
  5年前の5月の掲載記事全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。(2013年5月 Archive)

写真
「あにいもうと」
監督:成瀬巳喜男
京マチ子、久我美子
写真
「同じ星の下、それぞれの夜」
監督:富田克也,冨永昌敬,真利子哲也
3監督によるオムニバス映画
写真
「パーク アンド ラブホテル」
監督:熊坂出
りりィ、梶原ひかり
写真
「現代インチキ物語 騙し屋」
監督:増村保造
曽我廼家明蝶、伊藤雄之助
写真
「世にも面白い男の一生 桂春団治」
監督:木村恵吾
森繁久彌,淡島千景,八千草薫
写真
「大阪の女」
監督:衣笠貞之助
京マチ子、中村鴈治郎

写真
「タッチ・オブ・スパイス」
監督:タソス・ブルメティス
ギリシャ
写真
「トランシルヴァニア」
監督:トニー・ガトリフ
フランス
写真
「ケス」
監督:ケン・ローチ
イギリス
写真
「情熱のピアニズム」
ジャズのドキュメンタリー
フランス
写真
「卵」
監督:セミフ・カプランオール
トルコ
写真
「黒猫・白猫」
監督:エミール・クストリッツァ
フランス
写真
「一瞬の夢」
監督:ジャ・ジャンクー
中国
写真
「水辺の物語」
監督:ウー・ミンジン
マレーシア

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1750-116e3f9f
Listed below are links to weblogs that reference
1年前・3年前・5年前の5月、一夜一話。(2017年5月・2015年5月・2013年5月の掲載記事 from 一夜一話

Home > 映画 > 1年前・3年前・5年前の5月、一夜一話。(2017年5月・2015年5月・2013年5月の掲載記事

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めてはや9年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top