FC2ブログ

一夜一話の “今日はロックだよ”  カレン・ダルトン

1.jpeg


 今日の一枚は、女性シンガー、カレン・ダルトン。
 ロック~カントリー系のサウンド。
 当時は再発(輸入盤LP)がなくて、幻なんて言われてたので、ついにレコードを手に入れることはできなかった1枚。
 そしてずっと後になって、忘れた頃に突如、CDで出てきたアルバム。

 ま、そんなことはどうでも良い、初めて聴いたのが、渋谷・百軒店にあったあの店だった。
 驚いたね、その時は。一瞬で、カレン・ダルトンのヴォイスに魅せられた。
 しゃがれていてスモーキーで、一度耳にしたら耳から離れない声質。

 よければ聴いてみて。

 まずは、1曲目「Something On Your Mind」、どうです?彼女の歌声は。いいですね!
 2曲目「When a Man Loves a Woman」、ブルーなバラード、絶品。
 飛んで4曲目「Katie Cruel」や8曲目「Same Old Man」は、トラディショナルの曲。
 カレン・ダルトンはバンジョーも弾きます。
 これ、いわゆるカントリー系のバンジョーじゃない。どこか英国を感じますね。
 この2曲、当時は敬遠してたのですが、今聴くと、いいなと感じます。


KAREN DALTON  In My Own Time (1971)

01. Something On Your Mind (Dino Valenti)
02. When A Man Loves A Woman (Calvin Lewis / Andrew Wright)
03. In My Own Dream (Paul Butterfield)
04. Katie Cruel (Traditional)
05. How Sweet It Is (Dozier/Holland/Holland)
06. In A Station (Richard Manuel)
07. Take Me (George Jones / L. Payne)
08. Same Old Man (Traditional)
09. One Night Of Love (Joe Tate)
10. Are You Leaving For The Country (Richard Tucker)
カッコ内は作曲者

これまでに掲載したポピュラー音楽の記事は、こちらから。
top1-1-1.png
関連記事
スポンサーサイト
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply