FC2ブログ

一夜一話の “今日はブラジルのポップスだよ”  モレーノ+2 (モレーノ・ヴェローゾ)

0_20190311135232e6b.jpg



 リオの、先鋭的なアンダーグラウンド・シーンで、モレーノ・ヴェローゾが率いるユニット「モレーノ+2」のアルバム。
 とにかく、宝箱をのぞき込むような、ワクワク感がたまらなくいい、ブラジル発の珠玉の曲でいっぱいのアルバムです。

 アンダーグラウンド・シーンと聞いて、引くかもしれないが、まずは1曲目を聴いてほしい。
 これ、天使のような美しいメロディだよ。



 こういう癒し系のバラード、そして16ビートのノリのサウンド、そしてモレーノ・ヴェローゾの父、カエターノ・ヴェローゾら先代を引き継ぐいかにも正統派ブラジリアンサウンド、この三種がサンドイッチになったアルバムで、ジャンルを無理に言えば、Electronic, Latin, Funk / Soul, Organic, World。
 ブラジル音楽を中心に、ソウルやアフリカンそしてアート・リンゼイあたりまでの領域がある。
 アメリカのポップスのどん詰まりの閉塞感にくらべ、な~んと未来への伸びしろがあるサウンドなんだろうと思う。
 いいな、大好き!


「Maquina De Escrever Musica」  Moreno + 2 (モレーノ・ヴェローゾ、カシン、ドメニコ)
タイトル:タイプライター・ミュージック
1. sertao| 2. deusa do amor| 3. enquanto isso| 4. eu sou melhor que voce| 5. das partes| 6. arrivederci| 7. assim| 8. para xo| 9. Esfinge| 10. rio longe| 11. o livro & o beijo| 12. Nenhuma| 13. so vendo que beleza| 14. I’m wishing| 15. Montes Claros(日本盤ボーナス・トラック)|


これまでに掲載したポピュラー音楽の記事は、こちらから。

top1-1-1.png

関連記事
スポンサーサイト



やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply