FC2ブログ

特集:えっ!「突然、あの人が現れた!」 ~想定外の、ひと騒動の物語 13本!

000_20190425132916445.png ある日、「あの人」が、何の前触れもなく、ひょっこり、やって来た。
 もう、これだけで物語になる。
 「あの人」とは、日ごろ忘れかけていた、訳ありの身内
 田舎の父であったり、実母であったり、行方知らずの子であったり兄妹であったり、命の恩人であったり、だ。

 そのうえ、
 「あの人」は、今日まで、何処で、どうしてたのか?
 なぜ、突然に帰って来たのか?
 そして、そもそも、かつて、なぜ姿をくらましたのか‥などなど

 それから、言うまでもなく、帰ってきてからのひと騒動
 そう、このシチュエーションは、幾重にも物語が生まれるのです。
 さあ、ここにあげた13本の映画は、「あの人」をめぐっての興味津々の物語です。

画像をクリックして記事ページへお進みください。


ふきげんな過去 2「ふきげんな過去」 二階堂ふみ|小泉今日子


 そんなこんなのある日突然、ひとりの女が店に現れた。
 それは、死んだはずだよの、果子(二階堂ふみ)の伯母の未来子(小泉今日子)、つまり果子の母親の姉だった。
 母も祖母も、びっくり! 「あんた、生きてたの!」ふきげんな過去3
 しかし果子は初対面。
 そしてその日から、未来子は家族同然に果子の部屋に居座ることになった。



レイチェルの結婚3「レイチェルの結婚」 アメリカ


 ある姉妹の話です。
 麻薬依存症の回復施設に長年入っている妹のキムが、一時帰宅の許可を得て、実に久々に、実家に帰って来た。
 明日が姉のレイチェルの結婚式。姉夫婦は趣向をこらした式を、実家(大きな邸宅)であげようとしている。
 姉妹の久々の再会。どう接すればいいか?互いに手探りであった。レイチェルの結婚4
 キムは知らない人々が家に大勢いることで、すでに心を硬くしていた。タバコを離せない。
 たぶん、あの時、キムは16歳だったんだろう。(映画は多くを語らない)  
 あの日キムは、年が離れた弟・イーサンを車に乗せ、ふたりだけでドライブに出た。
 キムは麻薬でラリッていたのだった‥。

キャプチャ4 天地52  4


【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
スポンサーサイト
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply