FC2ブログ

去年の7月は、こんな映画を観てました。

 去年の7月は、こんな映画を観てました。

下記をクリックしてお進みください。
去年の7月

 日本映画は3本。
 小路紘史監督の2016年の作「ケンとカズ」、いいですよ。
 そして小津安二郎のサイレント映画「浮草物語」 (1934)、昭和9年当時の風情を味わえます。この「浮草物語」は後に「浮草」 として小津自らリメイクしましたね。
 あとはシブいところで、中村登の「我が家は楽し」(1951)、高峰秀子、笠智衆、山田五十鈴が出演。

 洋画の方も3本でした。
 「アメリカン・ビューティー」、結末を先に見せておいて、さあどう展開させるのかに挑戦したアメリカ映画。
 「幸福」はアニエス・ヴァルダ監督の作の、有名なフランス映画です。
 3本目は「雨上がりの駅で」、イタリア映画です。個性的な女優アーシア・アルジェントの若き頃の作品。これで数回は観てるかな。

 あと、去年の7月には、CD3枚の紹介記事を書きました。
 オールマン・ブラザーズ・バンドの「フィルモア・イースト・ライヴ」(不滅)と、ソウル歌手のレデシー(名盤!)、そして1946年のサラ・ヴォーンのジャズボーカル。どれもグッと来る いいですな。

【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
スポンサーサイト



やまなか
Posted byやまなか