FC2ブログ

特集:イタリア映画、1960年代。いい映画。

無題

 一夜一話の、1960年代イタリア映画の特集です。
 以下のほかに、まだありますね。そのうち追加していきます。

画像をクリックして記事ページへお進みください。

 1960年 
「甘い生活」監督:フェデリコ・フェリーニ
1甘い生活 フェリーニの代表作なんだから、なんて固く構えて観てはいけません。
 何しろ、素晴らしい映像です。これを楽しみましょう。


「情事」監督:ミケランジェロ・アントニオーニ
2情事 危ない恋がしてみたい。それはサスペンス。
 クラウディア(モニカ・ヴィッティ)は、親友のアンナからクルージングに誘われた。


 1961年 
「アッカトーネ」監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ
3アッカトーネ 監督の第一作目の映画。ちょっと荒んだ物語ですが、どこかのんびりした風が吹いています。
 ほかによくある難しい映画評にとらわれることなく、すなおに観たいものです。


 1962年 
「ボッカチオ'70」監督:マリオ・モニチェリ、フェデリコ・フェリーニ、ルキノ・ヴィスコンティ、ヴィットリオ・デ・シーカ
4ボッカチオ 喜劇映画です。
 4人の監督による4作品オムニバス。それぞれに主役の女優を立てて、その女性の奔放さを語ります。


 1963年 
「8 1/2」監督:フェデリコ・フェリーニ
5 8 マルチェロ・マストロヤンニ演ずるグイドは、巨匠の域に達した映画監督だ。
 この映画は、映画製作に苦悩する、そのグイドの心象風景や白昼夢を描く抽象的な物語。


「ブーベの恋人」監督:ルイジ・コメンチーニ
6ブーベの恋人 マーラ役の女優クラウディア・カルディナーレ当時25歳を愛でる映画です。
 パルチザンの男ブーベ(ジョージ・チャキリス)との恋物語。


「誘惑されて棄てられて」監督:ピエトロ・ジェルミ
7誘惑されて棄てられて なんとも悲しい題名ですが、実はこれ、ビターなドタバタ・コメディです。
 お話は、シチリアに住む2人、16歳の娘アニェーゼとペッピーノが結婚に至るまでの、てんやわんやな物語。


 1965年 
「ポケットの中の握り拳」監督:マルコ・ベロッキオ
8ポケットの中の握り拳 すなおに映画に向き合い、スクリーンが語りかけるままを、今の眼で観てみましょう。
 イタリアの田園にある館に、寡黙で全盲の母親と4人の子供たちが住んでいました‥


 1966年 
「アルジェの戦い」監督:ジロ・ポンテコルヴォ
9アルジェの戦い
 アフリカの北、地中海に面する国アルジェリアがフランスの植民地であった頃を語る劇映画。
 独立運動が起き、1954年にアルジェリア戦争が始まります。首都アルジェ市街は1958年にフランス軍と、FLN(アルジェリア民族解放戦線)の戦場となりました。

 今後、新規掲載の度に、追加していきます。

【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
スポンサーサイト



やまなか
Posted byやまなか