Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画  「ピロスマニ」  監督:ゲオルギー・シェンゲラーヤ

映画  「ピロスマニ」  監督:ゲオルギー・シェンゲラーヤ

t麒麟il ニコ・ピロスマニ(1862-1918)は19世紀末から20世紀初頭のグルジアの画家。ナイーブ・アートという絵のジャンル。
 正規の美術教育を受けた人とそうでない人とでは、画家として同じ土俵に上れないのが当時の美術界でした。今もかな?
 誰もまだ評価していない無垢な状態の作品、それが良いものである時、良い、凄いと言える勇気を持つ人はいない。外れれば画壇や評論家業界から排除される。少なくとも変人扱いは避けれない。生活できない。今もかな?

 彼の絵を好んで発注し自分の店にたくさん飾った、多くの酒場の主人達が、ある日から手のひらを返すように一斉に彼を無視し始める。
 地元紙に掲載された記事、そこには画壇から幼稚な絵と評されるピロスマニのことが書かれていた。

 絵画の映画なので、映像が美しいです。観て損はない。
 そして、グルジアの民族音楽がふんだんに組み込まれていて、とても嬉しい。
 いろんな民族楽器も見れて楽しめる。
 3曲だけ外来音楽。当時の西洋ポピュラー音楽2曲(バーで)、ソ連・ロシアの音楽1曲(時代が徐々に・・)、

 映画には無いが、その後フランスの前衛画家たちから賞賛され、アヴァンギャルドに沸く当時のモスクワでも展覧会が開かれた。今、この画家をもアヴァンギャルドとするには違和感あるが。当時はね・・・・。


 グルジアの映画「やさしい嘘」はこちらから

****************************************************************************************
サブ08 監督:ゲオルギー・シェンゲラーヤ|1969年|グルジア(ソ連)|
 原題:PIROSMANI




シーン1  酒と泪と.image4


絵!!  店


景色ko
映画のシーンは、これらの絵画を参考に製作されている。


海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・国別ソート・リストは、こちらから

日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督ソート・リストは、こちらから
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/241-dfa67af4
Listed below are links to weblogs that reference
映画  「ピロスマニ」  監督:ゲオルギー・シェンゲラーヤ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画  「ピロスマニ」  監督:ゲオルギー・シェンゲラーヤ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top