Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画  「エルミタージュ幻想」  監督:アレクサンドル・ソクーロフ

映画  「エルミタージュ幻想」  監督:アレクサンドル・ソクーロフ

dfぽすたc3b5b0 映画史上初!!驚異の90分ワンカットの映像という売り文句(全長は96分)
 宮廷時代のホールや廊下まで、元宮城・エルミタージュ美術館全体を使って、各時代の宮廷内での歴史的シーンをスケッチ風に再現した劇映画。ロシア近世近代300年の歴史がジェットコースターのようなスピードで駆け抜けるように映像化されたと言われる映画。

 絵画も見せるが歴史的シーン再現の方が前に出た演出になっている。
 この美術館の起源は、エカチェリーナ2世がドイツから美術品を買い取り自身専用の美術品展示室に飾ったのが始まり、ロシア革命後は貴族から没収したコレクションが加わる。

 で、ここから私の話。
 エルミタージュ美術館のようなものを日本で再現するとしたら・・・。
 もし江戸城が今も現存し、天守閣はじめ大奥など城の内部すべてが美術館になってるとしよう。すげー!
 当然、世界遺産になっている。
 城内には庭園美術あり、仏教美術、茶器、琳派ありなどなど・・・それはそれは豪華絢爛だ!
 だが、浮世絵はこの「江戸城美術館」にはなじまない。
 なぜなら庶民から立ち上がった芸術だから。
 この映画で出てくるガイド役・黒装束のオジサンのせりふ・・・「理想はひとつでいい、庶民の理想というものは不要だ」
 この映画を観ていて、日本の美術、そのふところの深さをあらためて感じたのが収穫。

 西洋からみて東端、辺境の国ロシア。エルミタージュ美術館は西洋の文化に憧れた結果のコレクション。
 芸術家はすべてパトロンでその生活が成り立っている時代、パトロンは統治する側の人々。
 東端から見たあこがれとは、芸術作品そのものだけに注がれるのではなく、たぶん同等に、いや強烈に「西欧のパトロン」というアイデンティティへの、あこがれだったのだろう。
 この映画、そういった辺境ロシア近代史へのロマン郷愁を言いたかったのかな?

 楽しめるが、監督が美術館で、はしゃぎ過ぎた感あり。

*******************************************************************************************
監督:アレクサンドル・ソクーロフ|2002年|ロシア/ドイツ/日本|96分|
原題:RUSSIAN ARK
えど絵886 私の幻想・・・ エルミタージュ幻想の映画シーンをなぞらえると、天守閣で大奥で将軍や姫たちが豪華な衣装で、どんな様子で、絵画やダンスやらに接していたのだろうね?
 映画にするとしたら、浅野内匠頭が吉良上野介に斬りつけた松の廊下事件や大奥の絵島事件や桜田門外の変などが映像化されることになる、かな。いや、事件は城内で起きているんじゃない!か。
 江戸城は再現したいですね。ついでに水戸藩上屋敷(後楽園)と上野寛永寺(東京東京博物館、動物園周辺)も再現したい。
 東京に江戸の賑わいを!! ~何言ってんだか?


江戸城(↑)


海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・国別ソート・リストは、こちらから

日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督ソート・リストは、こちらから

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/245-6f91304d
Listed below are links to weblogs that reference
映画  「エルミタージュ幻想」  監督:アレクサンドル・ソクーロフ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画  「エルミタージュ幻想」  監督:アレクサンドル・ソクーロフ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top