Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「一年の九日」  監督:ミハイル・ロンム

映画 「一年の九日」  監督:ミハイル・ロンム

5Eふたりarge ソビエト連邦時代のロシアの映画(1961年)です。モノクロで映像もアングルもきれい。
 モスクワから遠く離れた深い森の中にある秘密研究所では、地下で核融合の研究が大規模に行われている。(たぶんモスクワから東方、シベリア方面)
 とは言ってもSF映画ではない、科学技術的には事実に即してると思う。ストーリーは3人の物理学者が主な登場人物。男2人女1人のヒューマンドラマ&ラブロマンス。

 グーセフは天性の才能ある研究者タイプで鋭角的な性格、権威あるシンツォフ教授について出世街道を歩んでいる。クリコフも物理学者だがグーセフほど研究成果が上がっていないが、文化人として広い視野を持っているし、世間も知っている。リョーリャは美人物理学者、研究者としての資質は3人の中ではちょっと。グーセフとはシベリアとモスクワ、の遠隔恋仲、でも彼は研究が恋人。だからリョーリャは、今はクリコフから結婚の誘いに迷っている、とは言え彼女の本心は・・・。ここから映画はスタートする。

空港p2 シンツォフ教授が実験中に大変な被爆をする。その量800レントゲン。
 しかしこの悲劇的犠牲的実験で研究は飛躍的に進んだ。手伝っていたグーセフも200レントゲンの被爆をしてしまう。
 人が一生の間に被曝する自然放射線の量は「16レントゲン」(160ミリシーベルト) だから大変だが、グーセフは周辺の人に隠し通す。あとは観てください。
 研究所内の様子はものすごくリアルです。どこかの研究所をかりて撮影したのだろうと思う。他の登場人物も多く予算がそこそこある製作です。 


 <自分の、直近の被爆経験>
 2月末に、国立病院機構・相模原病院でMRIとCTスキャンを受けた。長い待ち時間の間に、壁に貼ってある、検査にあたって被爆するその量に関する解説ポスターを見ていた。

------------------------------------------------------------------------------------

 以上、実はこれ、震災1週間前の3/4に書いた映画評。
 震災が起きて保留にしてました。
 でもあちこちの映画館で、こぞって、原子力関係の映画を上映し始めてる。この映画もどこかで上映予定。
 私は今、原子力関連については、どう考えるのか混沌としている。
 だから、この記事を掲載することも、未だ踏ん切りがつかないのですが、掲載してみます。

************************************************************************************
75基地91 監督:ミハイル・ロンム|1961年|ソ連(フルシチョフ政権期)|108分|モノクロ|
 原題:NINE DAYS OF ONE YEAR
 出演:アレクセイ・バターロフ|インノケンティ・スモクトゥノフスキー ほか

1う~む54964





p現場1  C現場2 7B90C7_Large                                計器793  中性子791
                                       中性子を人工的に作り出せた!?



海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国名順リストは、こちらから

日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名50音リストは、こちらから
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/246-1a6e33a3
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「一年の九日」  監督:ミハイル・ロンム from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「一年の九日」  監督:ミハイル・ロンム

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top