Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 自分を探す映画(3) 「バッファロー'66」 監督:ヴィンセント・ギャロ

自分を探す映画(3) 「バッファロー'66」 監督:ヴィンセント・ギャロ

ちらし80   o66 自分を探すという難問を解決する糸口は、自分を知ってくれる相手を見つけることから、かもしれない。

 いい映画。
 こういう映画に遭遇すると、ああ映画観ていて良かったな、と思わせてくれて嬉しい。

 目だったコミカルさは、まったくないですが、これは喜劇映画ですよ。くれぐれも、重~い辛~い映画!と勘違いしないでね。

 すぐカッと激高する父親、アメフトに異常に熱中する母親、このふたりの悪いところを受け継いだ一人息子ビリー。小さい頃から臆病で気が小さい、ガールフレンドのひとりも作れず成人。街の与太風に振舞うことを覚えたビリーは、アメフト試合に大金を賭けるが負ける。街の元締めに呼ばれ、他人の罪(刑期5年)を肩代わりすれば許すと言われ、言われるまま人知れず刑務所へ。そして出所。
 映画はここから始まる。刑務所5年の間、親へ手紙を書いて取り繕っていた嘘を・・・ 出所すると同時に実現しなければならないことに直面するビリー。(実はそこまで頭が回っていなかった) で、すれ違いざまにレイラを誘拐し、強制的に妻に仕立てて2人で実家に乗り込む・・・。 が、玄関で萎えてしまうビリー。本能的にそれを支えるレイラ。ふたりの、この後の展開を暗示させるシーン。両親に、レイラに、強がりばかり言うビリー。父親はビリーと目さえ合わさないし、すぐ激高する。おお!父親はビリーそっくり! (レイラと共に観客は笑える)
 さて、ビリーは実のところどんな男なの・・レイラは少しずつ興味を抱き始める。

 どんな男かってことは、下の写真を見れば一目瞭然で・・・・。ガラス細工みたいな男に引かれる女もいたりする。
ベッドこうなるuffalo66 
 要するにたいした物語性はないと言っていいくらいだが、観客を最後までスクリーンに釘付けにするこの映画力はすごい。監督は、脚本・音楽・主演とマルチに才能全開。かっこいい。
 さてさて肝心の話の展開は、その後一体どういう結末になるのやら!?(笑・・・大丈夫)
ベッドこうなる2 buffalo66 安ホテルにて

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
写真kdzj 監督:ヴィンセント・ギャロ|1998年|アメリカ|113分|原題:Buffalo '66
 出演:ヴィンセント・ギャロ(Billy Brown)|クリスティーナ・リッチ(Layla)|アンジェリカ・ヒューストン(ビリーの母Janet Brown)|ベン・ギャザラ(ビリーの父Jimmy Brown)|ケヴィン・コーリガン(Goon) ほか



 ←スピード写真



賭けに負けて011              誘拐直後5view001 自宅で食事f01
負けを返すには他人の罪を肩代わりするしか・・  誘拐された直後の目線・・・実家で「良き妻」を演技するレイラ

ボーリング2人_133763      打ち破る74084_2 
ボーリングだけが彼のアイデンティティ  それを一投で打ち壊すレイラ!

風呂は一人がいい970_2243210 imあああああages 車中3193404
風呂は一人で入りたいビリー でも・・・

鉄砲rosres  墓115view002
あの選手を殺す!とビリー  死んだビリーの墓参りする両親、母親はアメフト試合をラジオで聞いてわめいている!!


海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国名50音順リストは、こちらから

日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名50音順リストは、こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 1

カヨ URL 2011-05-03 Tue 14:57:20

「ボーリングが上手いオトコってカッコ悪いよね」と思ったことを思い出した(笑)。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/294-2ec70096
Listed below are links to weblogs that reference
自分を探す映画(3) 「バッファロー'66」 監督:ヴィンセント・ギャロ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 自分を探す映画(3) 「バッファロー'66」 監督:ヴィンセント・ギャロ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top