Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「殺人狂時代」  監督:岡本喜八

映画「殺人狂時代」  監督:岡本喜八

メインかな94E79FA2 溝呂木省吾(天本英世)は戦時中、ドイツでヒットラーのスピーチを聞き心酔する。帰国後、精神病院を経営する、その裏の顔は・・・。これに立ち向かわざるをえなくなった、風采のあがらない犯罪心理学の講師、桔梗信治(仲代達矢)。愛車は超オンボロ・シトロエン2CV。 彼も幼い頃ドイツにいた。そして彼の体内には、ヒットラーの元にあったはずのダイヤモンド「クレオパトラの涙」が埋め込まれていた。そんな彼の本性は・・・。バトルは都内では収まらず、ついに富士山裾野の自衛隊演習場で爆発する。だが、ことの終結はまだその先にあった。

 ストーリーは大衆的だが、作家性が前面に出た映画。その分、どこか気品やおすましがある娯楽映画。サスペンス、アクションはもう古臭いが、今でも作家性は磐石で、最後まで魅せる、楽しませてくれる。お薦めします。

 精神病院のシーンは、衣笠監督の「狂った一頁」を連想させる。
 映画に出てくる外車がいい。
 昔、新宿の雑踏や、テント芝居の公演日に天本英世をよく見かけたことを思い出す。

---------------------------------------------------------------------------------
オールスター0358 監督:岡本喜八|1967年|99分|
 出演:仲代達矢(犯罪心理学の大学講師、桔梗信治)|団令子(ミステリー雑誌記者、鶴巻啓子 実は院長の娘)|砂塚秀夫(車泥棒、大友ビル)|天本英世(精神病院の院長、溝呂木省吾)|
 
 
滝恵一(池野)|富永美沙子(義眼の女)|久野征四郎(松葉杖の男)|小川安三(大日本人口調節審議会の間淵)|江原達怡(青地)|川口敦子(小松弓江)|大前亘(オバQ)|伊吹新(アトム)|長谷川弘(ソラン)|二瓶正也(パピイ)|大木正司(安)|樋浦勉(秀)|ブルーノ・ルスケ(元ナテスの残党ブルッケンマイヤー)|沢村いき雄(老殺し屋 仕込み傘)|丘照美 (小柄な女)|深井聰子(大柄な女)|草川直也(編集長)|宇野晃司(首の長い男)|中山豊(笑う狂人)|浦山珠実(ウィンクする狂人)|山本廉(咆える狂人)|出雲八重子(法華の狂人)|土屋詩朗(羽織袴の狂人)|

仲代231017 おんなaf313 相 棒309c2.jpg
大学講師、桔梗     雑誌記者、鶴巻       桔梗の相棒、ビル
誤認68 銭湯2358


海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国リストは、こちらから
日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名リストは、こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/314-f5255834
Listed below are links to weblogs that reference
映画「殺人狂時代」  監督:岡本喜八 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「殺人狂時代」  監督:岡本喜八

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top