Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「太陽に恋して」 監督:ファティ・アキン

映画「太陽に恋して」 監督:ファティ・アキン

メイン84330a8b めくるめく 痛快ラブコメディー。 楽しい。
 絶体絶命、もうこれまで!という時に、まさか~のラッキー、どんでん返しが何度もある。その「まさか~」は普通、どう考えても確率0%的なんだけど・・・・、ファティ・アキン監督なら許せてしまう。この不思議。
 もっとも、その絶体絶命シーンは、やけに牧歌的で、脇役的人物 (例えば左写真の国境警備隊の男) も抜けていたりして。

 こんな設定、許せない観客は、つまんない!と思う映画。 ま、コメディーですから許してちょうだい。映画で遊んでください。でもですね、よく観ると、なかなか良く出来た映画です。カーアクションもあり、最後まで飽きさせません。

 やさ男風貌のダニエルをみて、「この男は何やら秘めたものを持っていて、そのうち大きく化ける」と直感したユーリは、すごい女性。その彼女の、めげない明るさがこの映画全編の底辺にあって、観る者を元気にしてくれる。太陽だ。

 ドイツのハンブルクから、トルコのイスタンブールまでの経路は、陸・海・河といろいろあるんだと納得しました。

-----------------------------------------------------------------------------------------
監督:ファティ・アキン|ドイツ|2000年|100分|
原題:IN JULY|
出演:モーリッツ・ブライブトロイ(Daniel)|クリスティアーネ・パウル(Juli)|マフメット・クルトゥルス (トルコ男性 車のトランクに死体を隠してる Isa)|イディール・ユーナー(トルコ女性 実はIsaの彼女 Melek)|ブランカ・カティク(謎の女性トラック運転手 Luna)|

教師84432dbb 教師2  71262_43766660_2
気弱なダニエル、数学の先生        自由奔放なユーリ
トルコ人32177        ルナ59370
ダニエルが最初に惚れたトルコ女性メレク  (↑)左の女性は謎のトラック運転手ルナ、妖しい魅力いっぱい美人・・・
車内_43766660_5          船上のはっぱuri_1
ユーリとダニエル、盗んだ車のドアやフロントガラスを次々に売りながらドライブ  (↑)夜の船上、ハッパで盛り上がるふたり
身包み906_03 林mgamtxhhxa ダイビングes
          数学を駆使しても、川を車で飛び越えるダイビングは失敗に終わって、ドボン!(↑)
牢獄んlんlmんlmny  (2000) どうなのhjjh July  (2000)
トルコ男性イザと一緒に収監される     イザとダニエル、荒野でふたり意気投合


海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国リストは、こちらから
日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名リストは、こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 1

カヨ URL 2011-06-05 Sun 13:28:35

わたしもこの映画観たいと思っています。でも、最寄りのTSUTAYAに置いてないんですよね。そうそう『ピンク・スバル』を遅ればせながら鑑賞。やまなかさんと同じ意見。設定は好きなんだけど、話に同調できなかった。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/320-536b968b
Listed below are links to weblogs that reference
映画「太陽に恋して」 監督:ファティ・アキン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「太陽に恋して」 監督:ファティ・アキン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top