Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「踊れトスカーナ!」 監督:レオナルド・ピエラッチョーニ

映画「踊れトスカーナ!」 監督:レオナルド・ピエラッチョーニ

メイン51677 レンタルショップで何を借りようかな~と、あてが無いならコレお薦めします。見終って、さわやかな娯楽映画です・・・。
 舞台はイタリア、トスカーナ地方の田舎町。なにもかも、のんびりです。どんな落ちこぼれも、こぼれない町。主人公レバンテ(写真)は町の郊外に住む独身の公認会計士。数字なんか気にしない人々、自分に都合いいように解釈する人々のなかで、お仕事するレバンテ。人々からは、異端視されることもあるが、いないと困る人材。みんな仲間。町の女はみんな、彼をほって置かないが、ご本人はいたって淡白・・・・。
 ある日、スペインから一台のバスに乗ったフラメンコ・ダンサー・チームが、レバンテの家に迷い込んだ。話はここから展開し、トスカーナ人・レバンテとスペイン人・カテリーナのスムーズには行かない愛の映画。ラストはハッピーエンドですからご安心を。


 この映画、スペインをみるイタリア人の考えが垣間見れて面白い。お隣の国なのに、南米の国々をみるような感じ。自分達とはだいぶ違うぞって感じだ。

---------------------------------------------------------------------------
監督:レオナルド・ピエラッチョーニ|イタリア|1996?1998?年|93分|
原題:Ll Ciclone
出演:レオナルド・ピエラッチョーニ(レバンテ)|ロレーナ・フォルテーゼ(カテリーナ)
バルバラ・エンリーキ(レバンテの妹レズビアン セルバジャ)|マッシモ・チェッケリーニ(レバンテの弟 リーベロ)|セルジオ・フォカーニ(Osvaldo)|アレッサンドロ・アベル(Naldone)|トスカ・ドアクィーノ(Carlina)|パオロ・ヘンデル(Pippo)|ナタリア・エストラーダ(Penelope)
ダンス0b7296bb860e 一座uochi-d-artificio-20706 家でダンスke.blog.shinobi

家族iclonedvd
感受性が強いレズな妹主人公レバンテ農薬を撒くことが命の変人の弟まっとうな父
---------------------------------------------------------------------------------------
地図Regions Tuscany Map ひまわりlwr-2-500x500
トスカーナ州 (wikipediaより)      主人公レバンテの家の周りは、一面ひまわり


海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国リストは、こちらから
日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名リストは、こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/325-4ce90e48
Listed below are links to weblogs that reference
映画「踊れトスカーナ!」 監督:レオナルド・ピエラッチョーニ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「踊れトスカーナ!」 監督:レオナルド・ピエラッチョーニ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top