Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「ミフネ」 監督:ソーレン・クラウ・ヤコブセン

映画「ミフネ」 監督:ソーレン・クラウ・ヤコブセン

メインS9019EL デンマークの片田舎が舞台。
 父親と3人兄弟が住む豊かでない農家。三男のクレステンは要領が良くて、コペンハーゲンに出てレストランに勤め、業績を買われ出世。社長令嬢クレアを妻に迎えることができた。高額なアウディーを乗り回し、黒の粋なビジネススーツに身を固めコペンハーゲンに住む。

 一方、田舎では長男は地元で自分の人生を自分で捨て無職の自暴自虐、ふらふら愚痴男。優しい次男ルードは先天的な障害を持っていて父親と同居、三男クレステンとは幼い頃から馬があう、今でも「ミフネ」ごっこがふたりの秘密の遊び。ところが父親が急逝。ここからクレステンの素晴らしき人生が急展開。そうじゃなきゃ映画にならない!

 高級娼婦クラブに勤めるリーバ(←写真右)は両親なく、弟のビアーケとふたりだけ。リーバはふと見た新聞の家政婦募集広告に応募する。それはクレステンが出した広告で、ルードと自分のための家政婦であった。
 ということで、話のてんまつは、だいたい想像がつきましょう。
 でも社長令嬢クレアを妻に迎えたんでしょ、どうなるの?それは観ての・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督:ソーレン・クラウ・ヤコブセン|デンマーク|1999年|98分|
原題:Mifunes Sidste Sang
出演:アナス・ベアデルセン(クレステン)|イーベン・ヤイレ(リーバ)|イエスバー・アスホルト(兄ルード)|ソフィー・グロベル(社長令嬢クレア)|エミル・ターディング(Bjarke)|

kopi570主人公e-sang-mzov20080868-01 兄30ke4 あっちの_normal
主人公クレステン    兄のルード                 リーバの弟ビアーケ
廃車02355  ふたり02362
                               クレステンとリーバ


この映画、どう宣伝すればいいか? 難しかったんだろうな。いろんなポスターデザインがある(笑)。
ユーほーX2G9JFL         ミフネごっこ-sidste-sang_plakat-dk_360    にわとりsteSangMoviePosterEnglish
ルードのUFO遭遇をメインに、社長令嬢クレア   ルードとクレステンのミフネ・ごっこ     鶏の首チョッパ
とクレステンとの過激セックス、アヘアへ連続写真が。


海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国リストは、こちらから
日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名リストは、こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/330-cd76cb84
Listed below are links to weblogs that reference
映画「ミフネ」 監督:ソーレン・クラウ・ヤコブセン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「ミフネ」 監督:ソーレン・クラウ・ヤコブセン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top