Home > ポピュラー音楽 > 音楽ドキュメンタリー映画「キングス・オブ・クレズマー」 監督:シュテファン・シュヴィーテルト

音楽ドキュメンタリー映画「キングス・オブ・クレズマー」 監督:シュテファン・シュヴィーテルト

メインTickle in the Heart  クレズマーとは、東欧系ユダヤ人の民族音楽です。
  東欧系の民族音楽といえば、ロマの音楽を思い出す人もいるかと。エミール・クストリッツァ監督の「ウェディング・ベルを鳴らせ!」や「黒猫白猫」の音楽。あれとサウンドの感じは近いです。スローだと憂いがあって哀しい音色、アップテンポだとウキウキ。
  映画に登場するミュージシャン兄弟の親は、1910年に東欧の田舎(現在ロシア領土)からニューヨークに移民してきました。こうして当時とても多くのユダヤ人がアメリカに移民しました。膨れ上がるニューヨーク・ユダヤ人街では、故郷と同じスタイルで結婚式やパーティーや葬儀をやりたい。そのためにはクレズマー楽師たちが必要でした。多くのバンドがいて、商売として儲かったようです。
  そんな彼らは、老後をフロリダの高齢者専用の分譲住宅街に住んでいます。とても広大な住宅街です。しかし、この作られた人工の街にも多くのユダヤ人がいました。そこで彼らは改めてバンドを再結成してコンサートをし始めました。そんな様子を描いたドキュメンタリー映画です。
  3兄弟がドイツに演奏旅行に行ったシーンがあります。コンサート会場には、ユダヤ人収容所から生還された、ドイツ在住の方々が聴きに来てました。そういう時代も乗り越えてきたことを、この「キングス・オブ・クレズマー」で学びました

  映画の3兄弟の音楽は、1920~40年代のスタイルを色濃く残したサウンドです。長男でバンドリーダーでクラリネットのマックスさん(中央)は歌も歌います。
  残念ながら、このドキュメンタリーの映像はネット上に無いので、サウンドが聴けません。なので下記に、ほかのバンドのクレズマー音楽が聴けるようにしてみました。

故郷にて1095   街並42454C373207BD5DB3F_Large
自分達のルーツを探してロシアの村に来て               地域の様子
両親が住んでいた地域の古老に演奏する。

映画とは関係ないですが、昔のユダヤ人のイメージ
婦人hujinncdIMG_0002.jpg 辻cdIMG_0001 スタイルcdIMG_0003
1910年のユダヤ人の写真        昔の辻音楽師ヴァイオリンとツィンバロン     暇な?ユダヤ人老人 TZADIKのCDより
                     クレズマー・バンドの祖形
                ロマの人々と住む地域が重なっていたので、音楽は相互に影響されあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督:シュテファン・シュヴィーテルト|アメリカ/ドイツ |1996年|84分|
原題:A Tickle in the Heart
出演:マックス・エプスタイン|ウィリー・エプスタイン|ジュリアス・J・エプスタイン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■クレズマーって、どんなサウンドなの?

そこで、「Klezmer」で動画検索すると、いろいろ出てきます。

1926年当時のユダヤ人とニューヨークの様子が、わかりやすく映像になってます。
たくさんの人々が船でアメリカに来た様子、クレズマー楽師がまだまだ地位が低かった様子などが伺えます。
http://www.youtube.com/watch?v=s6e4GqUMYh0&feature=player_detailpage

現代の標準的な演奏は、こんな感じです。いいですね!
http://www.youtube.com/watch?v=ZpqVYvPIv1s&feature=player_detailpage


ビッグバンド ジャケットIMG_0004 バンドマン その2 IMG_0005
1925年のビッグバンド演奏スタイル                         ダンディーなメンバー達                 
アメリカでビッグバンドJAZZを取り入れて、クレズマー音楽が近代化しました。

■気ままに、関連CDコーナー
DON BYRON 「Mickey Katz」 
ドン・バイロン。この人、好きなんです。偉大なMickey Katzという人を取り上げたアルバム。
Don Byron Plays the Music of Mickey Katz

THE NEW ORLEANS KLEZMER ALLSTARS 「FRESH OUT THE PAST」
こいつらの面構えがいい。「いてまえ!」って感じ。
KOREKOREIMG_0002.jpg

COMPOSTELA 篠田昌巳 
ジャンルを超越して不滅の名盤!
「しあわせなユダヤ人」とか「イディッシュ・ブルース」とか、やってまっせ。
もちろんチンドンあり。大熊亘、駒沢裕城、江戸アケミとかも。
KOREKOREIMG_0003.jpg

お勉強系
「中東欧音楽の回廊 ~ロマ・クレズマー・20世紀の前衛」 (付録DC付き)
伊東信宏著 岩波書店
付録CDが欲しくて手に入れた。
中東欧音楽の回路―ロマ・クレズマー・20世紀の前衛   KOREKOREIMG_0001.jpg

海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国リストは、こちらから
日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名リストは、こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/332-d96ee786
Listed below are links to weblogs that reference
音楽ドキュメンタリー映画「キングス・オブ・クレズマー」 監督:シュテファン・シュヴィーテルト from 一夜一話

Home > ポピュラー音楽 > 音楽ドキュメンタリー映画「キングス・オブ・クレズマー」 監督:シュテファン・シュヴィーテルト

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top