Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「秘密と嘘」 監督:マイク・リー

映画「秘密と嘘」 監督:マイク・リー

  いい映画だ。
  さりげない語り口。暗い映画じゃない。観終わった後は、さわやか。15年前の映画なのに今もレンタル屋さんに並んでいる。
  

シンシア60561222_1  中年女性シンシアが、苦難の末に心の奥にしまい込んだ自分の過去。それが突然現れた女性、「私はあなたの娘だ」という黒人女性によって、あらわに白日の下に引き出されてしまい、悲しみの淵に落ちていくのだが、しかしその女性の素直さが不思議にもシンシアのトラウマを洗い流す。消してしまいたい過去とは、シンシア15歳の時に黒人にレイプされたこと。新しく現れた娘の、誰が見ても感じる、すなおさ、一途な姿勢に徐々になじんでいくシンシア。歯科技師という専門的な仕事についていて教養高く、周りに自慢できる娘!そういう気持ちになっていくシンシア。

娘62_gal  ロンドンの下町に住む下層の人、その中でも弱い立場にいるシンシアは独身。白人の娘ロクサンヌと2人住まい。結婚経験はない。数年前に父親を亡くした。ダンボール工場で加工作業員。娘は市の臨時職員で道路清掃作業員。住いはシンシア自身が育った古い賃貸アパート。月収は家賃を払うので精一杯。チェーンスモーカー、自宅に引きこもりがち。日々の買い物に出る以外は、テレビを見るか小さな裏庭のビーチチェアで雑誌を読むくらいの毎日、何も変わらない。そんな彼女に大変なことが起きるのがこの映画のテーマです。
  シンシアとロクサンヌの日々の様子、シンシアの弟が経営してる写真店の様子と弟夫婦が抱える苦難、あなたの娘だと言うに至る黒人女性が自身の出生情報を役所に求める様子など、いくつものサブストーリーが、満載です。メインストーリー/サブが、モザイク状に入り組んでレイアウトされていて、観客に理解度を求めてくる。ちょい難しい映画です。また、シンシアの過去を知るに重要なことは、まとまって語られない。この登場人物のセリフで少し語られ、あっちのサブストーリーの登場人物のセリフで少し語られる・・・・。つまり映画全編に重要な情報が散らばっているのです。それらに気付いて、ていねいに集めていないと、う・うう?と疑問のうちに、いまいちはっきりしないまま映画は終わってしまう。
  しかし、決して重く感じない映画です。これまでに何回も観ましたが、いい映画です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督:マイク・リー|イギリス|1996年|142分|
原題:Secret and Lies
出演:姉シンシア・・・ブレンダ・ブレッシン|弟モーリス・・・ティモシー・スポール|養子に出されていたホーテンス・・・マリアンヌ・ジャン=バプティスト|弟の妻モニカ・・・フィリス・ローガン|シンシアの娘ロクサンヌ・・・クレア・ラッシュブルック|弟モーリスが経営する写真館に勤める女性ジェーン・・・エリザベス・ベリントン|

初めてrets__lies パーティrtetmages
ファミリーパーティにホーテンスが参加
娘と彼氏503673_60561222_3
シンシアの白人の娘ロクサンヌとマスオさん的な彼氏


海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国リストは、こちらから
日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名リストは、こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/339-1afdf67a
Listed below are links to weblogs that reference
映画「秘密と嘘」 監督:マイク・リー from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「秘密と嘘」 監督:マイク・リー

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top