Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 『迷子の警察音楽隊』 『ホルテンさんのはじめての冒険』 『火事だよ!カワイ子ちゃん』

映画 『迷子の警察音楽隊』 『ホルテンさんのはじめての冒険』 『火事だよ!カワイ子ちゃん』

警察音楽隊員、鉄道職員、消防署署員。
こういう制服組織は規律・命令遵守が命で団体行動が基本。
ご年配のお偉方は、永年の日常業務をつつがなく行うために部下を統率する。
しかし、お偉方の人生に無い予期せぬ珍事が起こると途端に対応能力がゼロに。
視界ゼロで迷走する上司と、振り回されるしかない部下達。
そういったコメディ3本を次にご紹介。



070927_maigo_main.jpg『迷子の警察音楽隊』 2007 イスラエル=フランス
監督:エラン・コリリン
wikipediaの本作サイト

【ストーリー】
エジプトの警察音楽隊一行は、文化交流コンサートのためイスラエルにやって来たが、手違いか?空港に出迎えスタッフが来ず、彼らは自力で宿舎に向かうが、言葉が通じないためにバスで降りたところは人気のない砂漠の広野。ぽつんとあったカフェの女主人に助けられ、異文化交流が生まれるという話。老齢の音楽隊隊長の一途な命令が隊員たちに災難をよび幸いをよぶ。背景は過去、戦争を繰り返したエジプトとイスラエル、そして介在するパレスチナという微妙な国際関係とその民族。
映画終末にコンサート風景が出てくる。彼らはエジプト民族音楽の楽隊で、隊長はエスニックなボーカル!(これが実に良い)民族楽器も混じっていた。



映画『ホルテンさんのはじめての冒険』 2007  ノルウェー
監督:ベント・ハーメル
公式サイト

【ストーリー】
ホルテンはまじめで精勤な電車運転手、定年退職目前。明日は最後の出勤日。しみじみ我の来た道を振り返る。さてその夜は職場仲間主催のパーティ。しかしそこへ向かうホルテンに災難が待ち構えていた。結果翌日は遅刻、駅に駆けつけるが乗務すべき電車がホームを離れていく。こんなことは入社以来1度も無かったのに!!
情けない思いと、一方自分の人生にありえなかった昨夜の冒険、ない交ぜの感情が交錯するおかしさをゆるりと主人公は受け入れる。





45b6cfa8c43e6621aadf40cfc7d50e8e.jpg『火事だよ!カワイ子ちゃん』 1967  チェコスロヴァキア/イタリア
監督:ミロス・フォアマン
日々是映画

【ストーリー】
田舎町。市民ホールで行われる消防署主催の、地元市民との交流パーティ。恒例の出し物「ミス消防士コンテスト」 制服を着た年配者たちの命令や意図はわずかなことで狂い始めた。上司の命令に右往左往の署員。ドタバタは、観客の地元市民たちをも巻き込んで爆走する。外は雪、夜はふけた。パーティも終焉のその時、なんと近くの家が家事!消防署署員たちはあわてて駆けつけるが家は夜空に赤々と燃え上がる。地元市民はそれを呆然と眺めている。
監督は共産党幹部批判をこの映画にねっちりと練りこんでいる。(1967年公開1週間で上映中止という名誉)
当時、監督は「チェコ、ヌーヴェルヴァーグ」の若手旗手
火事2


海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・国別ソート・リストは、こちらから

日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督ソート・リストは、こちらから
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/34-705dda84
Listed below are links to weblogs that reference
映画 『迷子の警察音楽隊』 『ホルテンさんのはじめての冒険』 『火事だよ!カワイ子ちゃん』 from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 『迷子の警察音楽隊』 『ホルテンさんのはじめての冒険』 『火事だよ!カワイ子ちゃん』

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top