Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「パーマネントバケーション」 監督:ジム・ジャームッシュ

映画「パーマネントバケーション」 監督:ジム・ジャームッシュ

歩きerton_permanent_vacation 今、改めて観ると、青い。 
 監督の青さが、すがすがしい。いいね。

 だから、この映画の観かたは、当時の監督の若々しさを愛でて観る。なんたって監督は当時大学生ですから。卒業制作作品。製作・監督・原案・脚本・編集すべて、ジム・ジャームッシュ。
  (←)主人公:アロイシュス・パーカー16歳


レコード9nca8exnyoeo1_r1_500 交通量の多いニューヨークの大通りから、一歩も二歩も入った裏通り。1980年、そこは荒れ放題、いつからか時間が止まっている。レンガ造りの古い低層ビル・倉庫が並んでいる。道路の舗装もひび割れて。人影も無い。
 そんな街をあてもなく歩き回る高校生男子アロイシュス・パーカー16歳。彼女の元からふいと姿を消していた彼が、倉庫の一角のような彼女の部屋を訪れる。その場に定住すること、淀むことがいたたまれなく、常に流れていたいアロイシュス。そう彼女に言いながらも、ご無沙汰だった事に照れて、レコードをかけ、おどけてダンスし始める。一曲分、フルにダンスして息が上がるが、彼女は背を向けて無視。


 ある日、アロイシュスは決断した。何着かの服と一足のブーツをトランクに放り込み、それ以外のニューヨークでの何もかもを捨て旅に出る。右手にパスポートを握り締め、マンハッタンからの出港を待っている。
 ここに居続けることに嫌悪と、せりあがる不安があるけど、あそこに行きたい、あれがしたいというわけじゃない。もちろん精神的にも定住したくない。逃げるわけじゃない。「清流」に身を任せ、流れていたい。今それが一番自分に素直な選択なんだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督:ジム・ジャームッシュ|アメリカ|1980年|75分|
原題:Permanent Vacation
出演:クリス・パーカー Allie (Aloysious)|リーラ・ガスティル Leila|ジョン・ルーリー Sax Player|リチャード・ボース War Vet|サラ・ドライヴァー Nurse|ほか

ダンス344_44744042_15
Punk RockじゃなくJazzなんだよね。ジム・ジャームッシュの製作スタンス。
海09002544  マンハッタン101008
ロアマンハッタンの港              ワールドトレードセンターが完成して3年後、
                           パンアメリカン航空の本社ビル売却直前
                           1980年、アップルが株式公開。




【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/341-e0d0049a
Listed below are links to weblogs that reference
映画「パーマネントバケーション」 監督:ジム・ジャームッシュ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「パーマネントバケーション」 監督:ジム・ジャームッシュ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top