Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「スリ」 監督:ロベール・ブレッソン

映画「スリ」 監督:ロベール・ブレッソン

メインbf4pnuqtc 質素と言っていいくらいにギミックのない映画。
 人物描写も淡白。あなたをヨイショしません。

  スリを始めた男が、プロの道を教えてもらい仲間になって稼ぐが、相変わらず無口な一匹狼。セリフがとても少ない。もう少し何か言いたいのを、グッと胸に収めてしまう当時のフランス人。奥ゆかしいというか、昔のどこかの国の人々に近い。出番の少ない字幕をつなぎ合わせていくと、あらすじが出来てしまう。
  正直、ブログにする気は無かったのですが、ジャンヌ役のマリカ・グリーンというこの方(→)!!!大人の女に成りかけという香りがしたので、調べてみたら17歳!ねっ!

  当時は新鮮斬新なことも、半世紀経った21世紀の観客が観ると普通ってことも多い。
  だが、映画のシンプルさ、そして登場人物たちが持つ見識のすがすがしさは、古びない。

ポスターposuta-イメージ 1 監督:ロベール・ブレッソン|フランス|1960年|76分|
 原題:Pickpocket
 出演:マルタン・ラサール(ミシェル)|マリカ・グリーン(ジャンヌ)1943年~|ピエール・レーマリ(ジャック)|ペルグリ(警部)|ピエール・エテックス(第2の共犯者)|フィリップ・マーリー(第3の共犯者)|マム・スカル(母)
 【シアター・イメージ・フォーラムにて】 

      111  kpqsqsqsocket  222   pocket-movie-poster1

れんこーckpocket2 ろーやpickpocket_t 女  kpocket_07



海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国リストは、こちらから
日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名リストは、こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

やまなか URL 2011-07-08 Fri 13:02:23

そうだよねー。「抵抗」みてみます。

カヨ URL 2011-07-08 Fri 08:54:11

わたし、この映画好きです。この時代にこんなに素っ気ない作品を放つという勇気に拍手。ブレッソンの『抵抗』もおススメです。印象はこの『スリ』と大差ないのだけど。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/354-c6985a27
Listed below are links to weblogs that reference
映画「スリ」 監督:ロベール・ブレッソン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「スリ」 監督:ロベール・ブレッソン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top