Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「鏡」 監督:アンドレイ・タルコフスキー

映画「鏡」 監督:アンドレイ・タルコフスキー

少年rror  当の映画より難解で、チンプンカンプンな映画評論は、観る人にとって迷惑である。映画を遠ざけるだけ。でも、なぜ難しく言うんだろう。
  観る人の不幸は、難解で分からない映画なんだというスタートで、観はじめるから分からなくなる。また難解な映画を観たぜと、丸呑み満足するのは、消化してなくて悲しい。

  ロシア語なんて分からなくて当然だ。ソ連なんか習ってない。字幕をすべて追えない。三重苦? 朗読される詩はお経。分からないことを恐れない。

  例えば、この映画は字幕なしで映像だけでも観れる映画だ、と思った。観てみるといい。音楽を聴く感じ、未知の交響曲を聴く感じで、受身じゃなくて前に出て、映画に接してみて欲しい。
  そう思いながら自分の感覚を敏感にして観ると、自然と体に入ってくる。まず質感が違うことがわかる。めったに無い映像美と自分なりの理解感がうれしい。映像の肌触りは極上シルクのように滑らか。澄んだ上品さがある。一方、背筋がシャキンとしている確かなたたずまい。このバランス感、いいな! 他に無い味わい。野暮ったさなんてどこにも無い、そうロシアっぽくない。
  もう、ここであえて言語化する必要はないかも。この段階でいい映画じゃん、と言っていいと思う。
野DVD_003  けど、説明は欲しい?
  監督の経験した時空間と、暗雲垂れ込めるスターリン時代の国家としての時空間との、並列対比とアナロジー。ソ連のこれまでの記録と、監督の幼い記憶・郷愁・思い入れが、過去/現在の時を越えて行き来する。
  え?行き来する? そりゃ・・・監督しか、わかんない。他人がわかるのは、その時代の経験イメージ、同時代観。ソ連の人はシッカリわかるが、日本人にはわからん。
  スターリン死去の1953年前後、監督は二十歳だ。それ以前のことを描いている映画、例えば「フルスタリョフ、車を!」なんかのソ連映画を観て、当時はどうだったのか、ジワリとにじり寄って、分かったフリをしてみたい。こぐちio1_500 



...........................................................................................................................................................................................
雪60_500 監督:アンドレイ・タルコフスキー( 1932 - 1986)|ロシア(ソ連)|1975年|108分|原題:The Mirror
 出演:母マリア/妻ナタリア:マルガリータ・テレホワ
   父:オレーグ・ヤンコフスキー
   少年時代の作者(アレクセイ)/現代の作者の息子(イグナート):イグナート・ダニルツェフ
   幼年時代の作者:フィリップ・ヤンコフスキー
   医者:アナトーリー・ソロニーツィン


ゲラ確認中 横顔rei_06 野原nohara64

火事tarkovsky1

海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国リストは、こちらから
日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名リストは、こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/357-a395c3e3
Listed below are links to weblogs that reference
映画「鏡」 監督:アンドレイ・タルコフスキー from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「鏡」 監督:アンドレイ・タルコフスキー

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top